【ファーストクラスで弾丸MLB観戦記⑦】帰りはANAビジネスクラス搭乗記!ファーストクラスと徹底比較!【NH1便ワシントン発】

おはようございます。マスゴミマイラーです。

マスゴミマイラー
陸マイラー活動のおかげでマイルが貯まりまくっちゃって、週末弾丸でアメリカにひとっ飛びして、メジャーリーグを観戦してきちゃいましたよーの記事最終第7弾でございますーー\(^o^)/ 

今、旅行好きの間で大流行中の「陸マイラー」活動。みなさんはやっておられますでしょうか?誰でも年間20万ANAマイルが貯まるという驚きの裏技!ボクも2021年1月時点でなんと所有ANAマイル数は96万マイル!もう海外旅行はビジネスクラスが当たり前というとんでもない生活に自分でも驚いております\(^o^)/

もし陸マイラー活動とはなんぞや…という方は「【2020年必須】日本一簡単な陸マイラーとは?TOKYUルートを徹底解説!」「【最強の陸マイラーの始め方】最速でハワイに無料ビジネスクラスで行く方法&ロードマップを完全解説!」読んでみて下さい。15分だけ記事を読む時間をください!これであなたも人生変わることを保証しますから!

2020年に必須!初心者でも簡単な陸マイラーの方法「TOKYUルート」を完全解説!これさえ読めば、陸マイラーが初めてのあなたでも、すぐに実践可能に!ソラチカルート閉鎖も気にする必要なし!これで年間20万ANAマイルを貯めちゃいましょう!

陸マイラー活動を通じてビジネスクラスでハワイへ!誰もがあこがれる旅行を最短で実現できる方法をロードマップ的に完全解説しました!これが今できる最強の陸マイラーの始め方。あなたも半年後には20万ANAマイル以上が手に入る方法…保存版です!

ということで「ファーストクラスで行く週末弾丸MLB観戦記」、第7弾の今回はついに帰国!「復路ANAビジネスクラス搭乗記!ファーストクラスとどこが違うの完全レビュー」です!\(^o^)/ まずは感想を一言で言いましょう!

マスゴミマイラー
ビジネスクラスの疲れのなさは本当に驚き!どれだけ移動時間が長くても気にならないくらい!でも…やっぱりファーストクラスの方が断然良かったよーー\(^o^)/笑

週末弾丸!MLB観戦記 日程
便名
出発到着搭乗クラス
1日目
7:50-9:10
NH2176伊丹空港成田空港疑似ビジネスクラス
1日目
11:00-同10:40
NH2成田空港ワシントンDC
ダレス国際空港
ファーストクラス
メジャーリーグ観戦
リッツカールトンワシントンD.C.宿泊

2日目
12:20-翌15:25
NH1ワシントンDC
ダレス国際空港
成田空港ビジネスクラス
3日目
18:10-19:35
NH2179成田空港伊丹空港疑似ビジネスクラス

マスゴミマイラー
そのほかの、搭乗記一覧はこちらですーー\(^o^)/

搭乗記 一覧
2017年10月
デルタ航空
「関空ーホノルル」ビジネスクラス搭乗記
2018年2月アシアナ航空
「関空ーソウル」ビジネスクラス搭乗記
2018年2月シンガポール航空「ソウルーシンガポール」ビジネスクラス搭乗記
2018年9月JAL「関空ー台北」ビジネスクラス搭乗記
2019年7月ANA「伊丹ー成田」疑似ビジネスクラス搭乗記
2019年7月
ANA
「成田ーワシントンDC」ファーストクラス搭乗記
2019年7月
ANA
「ワシントンDCー成田」ビジネスクラス搭乗記
2019年8月
デルタ航空
「成田ーデトロイト」ビジネスクラス搭乗記

スポンサーリンク


NH1便「ワシントンー成田」のビジネスクラスの座席へ

ワシントンD.C.のダレス国際空港では、指定のルフトハンザ航空ラウンジではなく、食事の豊富なトルコ航空のビジネスクラスラウンジを満喫!いよいよ帰りの飛行機に乗り込みます。帰りはNH1便「ワシントンD.C.ー成田」便のビジネスクラスになります。

もちろん帰りも行きと同じくファーストクラスに空席があれば乗りたかったんですが、そうそう往復ファーストクラスの空きはなく、帰りはビジネスクラスにのってファーストクラスとの比較を楽しもうと思ったわけですね!

ということで、機内へと乗り組みます。往路に堪能したファーストクラスの座席を通り抜けて…

いざビジネスクラスへ!やっぱりファーストクラスと比べると、窮屈に見えますねー。座席を見るだけで一度ファーストクラスに乗っちゃうとやめられないのがよくわかります(^_^;)

こちらがボクが座る座席「16C」です。

ちなみに同じ窓際の座席でも、ほんとは下記のような「A」の席の方が窓に近くておすすめです。ですが、この日はあいにくすでに予約でいっぱいということで、やむなく「C」の座席をおさえました!

「16C」の座席に座ってみます。座るとわかりますが、やはりCの座席は通路に近く、Aの座席と比べると、プライベート感は劣ります。また窓の外を眺めるのはかなり難しそう。特に横になったときに、隣りを人が通るのが気になるという人なら、Aをおすすめしますね。

ちなみにこちらが往路の「伊丹ー成田」間で利用した疑似ビジネスクラスの座席。これは「A」とは逆側の「K」席ですが、同じく窓に近い窓際席ですね。比べてみると明らかにプライベート感があがります!

「ANAファーストクラスで行く!週末弾丸MLB観戦記」第1弾。最初の搭乗便NH2176「伊丹ー成田」搭乗記。実はこの便…知る人ぞ知る国内線で疑似ビジネスクラスに乗れるレア体験ができるんです!国際線機材利用だからこその裏技!そんなレア便の最新探し方まで徹底解説!

CAさん
マスゴミマイラーさま、いつもご搭乗ありがとうございます。担当させていただく@@です。本日はお仕事ですか?どうぞ狭い機内ですがおくつろぎくださいませ

ビジネスクラスの座席につくと、CAさんが挨拶に来られます。ファーストクラスと流れは同じですが、ファーストクラスでは数人のCAさんが挨拶にこられましたが、ビジネスクラスでは1人でしたね。

そしてすぐにウェルカムドリンクが運ばれてきます。お酒を飲まないボクはオレンジジジュース。この日の搭乗率は6〜7割程度ということで、CAさんも世間話をする余裕もあってニコニコです。笑

スポンサーリンク

ANAビジネスクラスシートまわりを徹底レビュー!

では、ANAビジネスクラスのシートまわりをチェックしていきましょう!モニターは17インチのタッチパネル式。ファーストクラスの23インチモニターに比べるとやや物足りないですが、それでも不便はない大きさです!

モニターの右下にはPC電源とUSBポートがありますね。さらに懐かしのiPod端子も(^_^;) このANAスタッガードビジネスと呼ばれるシートは2010年にデビューしたんですが、当時はiPodが直接繋げて、iPod内の動画が17インチモニターで楽しめるという夢の機材だったわけですねー。もちろん今では無用の長物…むしろ古さを感じさせて逆効果ですね(^_^;)

で、このiPod端子があることは別にいいんですが、となりのPC電源が絶妙に使いにくかったです(^_^;) Macbookの電源を刺そうとすると、微妙に届かないんです…これには参りました\(^o^)/ 仕方なく、間に海外用の電源プラグをかますことで事なきを得ましたが、機内でMacbookを使う方は注意が必要ですね。

またモニタの横には、コートやジャケットをかけるようのフックが備え付けられています。個人的には別にいらないです(^_^;)

シートのサイドにはエンターテイメント用のコントローラーがあります。こちらも年季が入ってますね(^_^;)

もう少し前方には、シートの傾きを調整できるボタン。ファーストクラスと違って、フルフラットにして眠るときにも基本的には自分で操作しないといけません(^_^;) こちらは位置的にも非常に使いやすいですね!

ちなみにファーストクラスよりも快適に感じられたのが、こちらのサイドテーブル。スタッガードシートの配列でできるスペースですが、すごく使いやすいですね!

その上には読書灯。

またサイドテーブルのそばにもリクライニング用のボタンがあります。寝てるときにでも操作できるように考えられていますね!

で、肝心のシートの広さですが、身長180cmのボクが足を伸ばすとこんな感じ。奥までとどきません。シートピッチは44インチ(約112cm)ですが、フルフラットの状態ではベッドの長さが74.5インチ(約189cm)もあるので、長さ的にはまだまだ余裕があって、めちゃくちゃ快適です\(^o^)/

ちなみに足元にも収納スペースがあります。機内持ち込みしたキャリーケースなんかは、すっぽりはまる仕様ですね。キャリーケースの上げ下ろしは面倒ですし、これは素晴らしい!

続いてテーブル。このテーブル、ファーストクラスに負けず劣らず非常によくできています!赤いレバーをひねって上に曲げると、モニター下から引っ張り出せる形ですね。

で、引っ張り出した状態でもずいぶん大きなテーブルなんですが、さらに両サイドが広げられるようになっています。これはすごくいい!まずテーブルのスペースがめちゃくちゃ広い!そして、肘掛けから出すタイプと比べると、すごくスムーズで、出し入れが邪魔くさくないです。これなら機内食の時以外でも気軽使いたくなります!

スポンサーリンク

ANAビジネスクラスの付属品&アメニティキットをご紹介!こちらも憧れのグローブトロッター製…だけどファーストクラスと比べると残念!苦笑

続いてはANAビジネスクラスの付属品、アメニティを紹介していきましょう。搭乗時には、上記の画像のように、透明のビニール袋にすべてが収められています。まああまり高級感は感じません(^_^;)

まずはヘッドホン。ファーストクラスのものと比べると、見た目・機能性・質感、すべてがちょっと残念な代物です。が!ノイズキャンセリング機能付きなのは素晴らしいですね!

続いて使い捨て用スリッパ。ちゃんと小さな靴べらも入ってるのが嬉しいですね!

そしてこちらがお待ちかねのグローブトロッター社製のアメニティ。「成田ーワシントン」ANAファーストクラス搭乗記」の記事にも書きましたが、実はボクはグローブトロッターの大大大ファンで、かつてはグローブトロッターのコレクターだったくらい。なので、ANAがグローブトロッターとコラボしたのは本当に嬉しいんです!

ただファーストクラスのアメニティと比べると、見た目はかなり貧相な感じ(^_^;) 正直、ファーストクラスのアメニティケースとは雲泥の差…まあグローブトロッター感はないですね(^_^;)

でも、中を開けてみると、かわいい裏地に高級感あふれるグローブトロッター&ANAのマーク\(^o^)/

中身もすべて広げてみました!

アメニティキットの中身
雪肌精のスキンケアセット、歯ブラシ、アイマスク、耳栓

ファーストクラスとの差は、スキンケアセットですね!ファーストクラスでは「ザ・ギンザ」の最高級スキンケア「エッセンスエンパワリングセット」が入っていましたが、それがKOSEの雪肌精に変わっています。

使ってみましたが、機内の乾燥肌を防げるという意味では、これはこれで十分でしたよー!

スポンサーリンク


ANAビジネスクラスクラスの機内食!ディナーの差がファーストクラスと最大の差!

さあではでは、お楽しみの機内食です。ファーストクラスはそれはそれは絶品でしたが、ビジネスクラスはどうでしょう? 結論からいえば…

マスゴミマイラー
うん、美味しい…美味しいよ!でも…やっぱりファーストクラスってすごかったんだーー\(^o^)/笑

ANAビジネスクラス機内食…せっかくなので洋食を選択してファーストクラスと徹底比較!

まずアミューズですが…

「パテ・ド・カンパーニュ」
「スモークサーモンのポテトサラダ包み」
「フェタチーズとスイカ」

マスゴミマイラー
美味しいです!でもキャビアが食べたいです!笑

やっぱりファーストクラスと比べること自体が間違ってるといいますか…結局座席以上に、この機内食の差がビジネスクラスとファーストクラスの一番大きい違いですね!まあ味のレベルがまったく違います…いや美味しいんですよ(^_^;) ただ、ビジネスクラスの食事が「おぉ、機内でこんなに美味しいもの食べられるんだ」だとしたら、ファーストクラスの食事は「こんな美味いもん食べたことないよー!!\(^o^)/」というくらいのレベルの違いということですね(^_^;) 続いて…

アペタイザー「ケイジャンシュリンプと帆立貝 パパイヤソース」
スープ「コーンスープ」

うん、ケイジャンシュリンプもその横に添えてあったアスパラガスも美味しい\(^o^)/ スープは、ファーストクラスのものと同じですかね?せっかくなのでいつでも飲めそうなコーンスープ以外がよかったです(^_^;)

で、パンは温かいものが提供される上に、3種類の中から好きなだけ選べるということで、素晴らしいんですが、さらに嬉しいのがバターとオリーブオイルを用意してくれるところですね!

そしていよいよメインディッシュですが、メインは3種類の中から選べます!

メインディッシュ3種類
・牛フィレ肉のステーキ スパイシーな和風ソース
・サーモンのソテー サフランとディルの香るクリームソース
・アスパラガスのグリルと茄子のソテー ブリーチーズとイエロートマトのソース

ということで、ボクは「牛フィレ肉のステーキ」をチョイス!

機内ということを考えると、めちゃくちゃ美味しい!ただファーストクラスのステーキが美味しすぎました(^_^;)笑

ANAビジネスクラス機内食…デザートは嬉しいワゴンサービス!

さあ、お待ちかねのデザートですが、嬉しいことにワゴンサービスで運ばれてきます!で、好きなだけ選んでOK!甘党にとっては最高のサービスですね\(^o^)/

しかもこのデザートワゴンには、ちゃんとメインディッシュのあとのお口直し用のチーズがあるのが嬉しいですね!まるで機内でフルコース…とはいかないものの、それに準じるスタイルが味わえるようになってるんです\(^o^)/

チーズを食べた後は、デザートも堪能!この日のデザートは…

「パッションフルーツタルト」
「和菓子 彩しらべ 抹茶」

パッションフルーツタルトは、フルーツフルーツしてなくて、美味\(^o^)/

そして意外なヒットがこの和菓子「彩しらべ」。バターの風味たっぷりのミルク餡のお饅頭。福岡の大ヒットお土産「博多 通りもん」の抹茶バージョンという感じですね…美味い美味いーーー\(^o^)/

またお酒は遠慮していたんですが、食後酒もワゴンサービスで持ってきてくれました。ボクも普段は飲まないんですが、少しだけリキュールをいただきました。

スポンサーリンク

ANAビジネスクラス、夜の機内の様子は?トイレの感想&軽食もレビュー

食事が終わったところで、寝る準備…。の前に、トイレも見ておきましょう!そんな変わったところはないですが、なんといってもANAビジネスクラスにはウォシュレットがあります。往路のファーストクラスの搭乗記にも書きましたが、ANAのB777-300ERの機材には、世界で初めて機内ウォシュレットが取り付けられたんですよねー。

トイレ内のアメニティキットは「歯ブラシ」「マウスウォッシュ」「フェイス&ボディーシート」が完備。また「化粧水&乳液」はコーセーのブランドAWAKEのものが置かれてあります。

トイレからの帰りにギャレーを覗いてみると、ワインやお水、おつまみにアメニティキットも自由に持っていけるようになっており、このあたりは素晴らしいホスピタリティを感じさせてくれますね!

ANAビジネスクラスをフルフラットに!感想は?

トイレを済ませたあとは、いよいよ寝る準備にはいります。青く光る機内は幻想的ですねー。

で、肝心のシートをフルフラットにした状態はこんな感じ。上記しましたが、長さは74.5インチ(約189cm)もありますので、完全に足を伸ばして横になれます!ただ幅はそれほどとられておらず、25.3インチ(約64cm)なので、寝返りはうちにくいですね。まあそれでも十分快適です!

ベッドパッドは東京西川の「エアーサイクロン」。掛ふとんも羽毛布団になっていて、軽くて温かくて快適です。

実際にフルフラットにしたときの視線はこんな感じ。やはりCの座席は、プライベート感という意味ではちょっと残念なことがよく分かると思います!通路を通るCAさんの気配とか、敏感な人なら気になりますね…ボクはまったく気になりませんでしたが(^_^;)

ANAビジネスクラスの機内食その2!いつでも食べられる食事を大満喫

数時間はぐっすり寝たところで、小腹が空いてきました。ということで、いつでも注文できる機内食を頼みます。

まずは「阿波尾鶏とマッシュルームのカレー」

これは結構びっくりしましたね。まさかこんなに具たくさんのカレーが出てくるとは思いもしませんでした(^_^;) ボリュームもたっぷりですし、これはおすすめ!ただ、みんなが寝てる時間だと、スパイシーなにおいが辺りに広がりますので覚悟しましょう。笑

で、甘い物を食べた後はアイスクリーム\(^o^)/ ビジネスクラスなら「ハーゲンダッツのアイスクリーム」もいつでも食べ放題\(^o^)/

で、到着1時間前にはさらに朝食をいただきました!和朝食のセットに、さらに一風堂の「空の上のトンコツ”そらとん”」をプラスした豪華朝食\(^o^)/笑

この一風堂のラーメンがなぜか機内ではそそる味なんですよねー。

和朝食も機内食とは思えない繊細な味に大満足でした\(^o^)/

ANAビジネスクラス NH1便 搭乗記 まとめ

ということで、ANAビジネスクラス…素晴らしい体験でしたねー。もちろん、往路のファーストクラスと比べるとどこか物足りなさは感じます。機内食ももっと美味しいものが食べたいという欲求も…(^_^;) いやー、ほんとに慣れって怖いものです。陸マイラー活動のせいで、もはやビジネスクラスは日常の乗り物になってしまったことを改めて実感したフライトになりました\(^o^)/笑

というわけで、あなたも「ビジネスクラスは日常」「嬉しいのはファーストクラスに乗ったときだけ」なんていう旅行のときだけのエセ大富豪生活(笑)したくありませんか?、そんな夢のような体験が陸マイラー活動をすれば実現可能なんです!

マスゴミマイラー
あなたも半年後には、ボクが乗ったのと全く同じファーストクラス・ビジネスクラスの席に乗れる方法があるんです!実は誰でもマイルはアホみたいに貯まるんです\(^o^)/

ワシントン行きのファーストクラスのチケット代金は231万円というありえない値段ですが、マイルで行けるならたったの15万マイルで往復できます。「たったの15万マイル」この感覚は陸マイラー活動のおかげです。だって、「【最強の陸マイラーの始め方】最速でハワイに無料ビジネスクラスで行く方法&ロードマップを完全解説!」にまとめた方法を使えば、あなたも半年後に15万マイルが手に入っているんですから!

陸マイラー活動を通じてビジネスクラスでハワイへ!誰もがあこがれる旅行を最短で実現できる方法をロードマップ的に完全解説しました!これが今できる最強の陸マイラーの始め方。あなたも半年後には20万ANAマイル以上が手に入る方法…保存版です!

さあ、ちゃんと上の記事を読みましたか?まだ陸マイラー活動がなんなのかイマイチ分からないという方は基礎編「【2020年必須】日本一簡単な陸マイラーとは?TOKYUルートを徹底解説!」の記事を読んでみて下さい。誰でも毎年200,000マイルが手に入る方法を紹介しています。

2020年に必須!初心者でも簡単な陸マイラーの方法「TOKYUルート」を完全解説!これさえ読めば、陸マイラーが初めてのあなたでも、すぐに実践可能に!ソラチカルート閉鎖も気にする必要なし!これで年間20万ANAマイルを貯めちゃいましょう!

これでファーストクラスに半年後に乗る方法・知識は手に入れました!あとは行動あるのみ!すぐにでも陸マイラー活動を始めましょう!今すぐ始めれば、半年後には231万円のファーストクラスのチケットが手に入るんです!もしくは2人でハワイにビジネスクラスが目標でもいいです!こちらなら必要マイル数は2人合わせてわずか13万マイル!とにかく行動しないとあなたの人生は何も変わりません

ぜひいっしょに陸マイラー活動始めちゃいましょうーー!\(^o^)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする