【陸マイラー初心者推奨 搭乗記】関空発上海行き!最低の評判!? ANAビジネスクラス「クレードルシート」の感想は?【NH763便】

おはようございます。マスゴミマイラーです。

先日、マリオットボンヴォイの最低カテゴリー1のホテルに泊まってみようということで「シェラトン上海奉賢ホテル」に宿泊してきまして、ブログで結構な反響をいただきました。

SPGアメックスで無料スイートルームにアップグレードされるのか検証第23弾!今回はなんとマリオットのカテゴリー1…最低カテゴリーの「シェラトン上海奉賢」宿泊記になります!カテゴリー1のホテルって大丈夫?チープじゃないの?そう思っているあなた…偏見が完全に覆されます!必見です!

ちなみにSPGアメックスのおかげで、スイートルームに無料アップグレードされて、無料ラウンジで毎日ケーキとご飯を食べ、朝ごはんも無料で超豪華!という最高の滞在をしたんですが、この上海旅行は飛行機もANAマイルで特典予約したので、航空券も無料でした(諸税は12,600円)!

もちろん座席はビジネスクラス!しかも必要マイル数はわずか40,000マイルなので、陸マイラー活動をすればあっという間に貯まるマイルです。(ボクの所有ANAマイル数は2019年9月時点で74万マイルです)

これで誰でも簡単に年間ANAマイルが20万マイル以上貯まる!2019年10月の最新版、ANAマイルを貯める陸マイラー方法をご紹介。しかもややこしいことはとにかく省いた、日本一簡単な陸マイラー入門です。初心者にもわかりやすくオススメです!

そんなNH763便のビジネスクラスと、その前にお邪魔した関空のANAラウンジを徹底レビューします!ビジネスクラスの中でも、もっとも残念シートと言われている「ビジネスクレードルシート」は実際のところどうなのか!?

マスゴミマイラー
正直、初心者陸マイラーのはじめての無料海外旅行に「中国・上海」…ありだと思いました\(^o^)/ そこそこの満足度と気軽に行ける旅行先…そして何よりハワイなどの人気都市と違って予約が取りやすいですから\(^o^)/

搭乗記 一覧
2017年10月
デルタ航空
「関空ーホノルル」ビジネスクラス搭乗記
2018年2月 アシアナ航空
「関空ーソウル」ビジネスクラス搭乗記
2018年2月 シンガポール航空 「ソウルーシンガポール」ビジネスクラス搭乗記
2018年9月 JAL 「関空ー台北」ビジネスクラス搭乗記
2019年7月 ANA 「伊丹ー成田」疑似ビジネスクラス搭乗記
2019年7月
ANA
「成田ーワシントンDC」ファーストクラス搭乗記
2019年8月
デルタ航空
「成田ーデトロイト」ビジネスクラス搭乗記
2019年9月
ANA
「関空ー上海浦東」ビジネスクラス搭乗記

スポンサーリンク


関西空港でまずはANA973便ビジネスクラスの搭乗手続き…嬉しい優先チェックイン!

ということで、関西空港でまずはチェックインです。陸マイラー初心者のみなさん、初めてのビジネスクラスに乗るあなたなら、ここでまず嬉しい恩恵に預かれますよ!優先チェックインですね\(^o^)/

写真の左奥に見えるのが、エコノミークラスの行列。この日はビジネスクラスの優先レーンもそれなりに混んでましたが、それでも列の長さは10分の1くらいです。あっという間に自分の順番がやってくるので、優越感に浸れます\(^o^)/笑

こちらがこれから搭乗する上海浦東行きのNH973便ビジネスクラスチケット。

実は予約段階では、前方2列目の窓際「2K」を予約していたんですが、この日は前方のみ混雑していて、隣りの席が空席の窓際も後方ならご用意できますよと案内いただいたので、後方の窓際席「7A」に変更していただきました。

マスゴミマイラー
ビジネスクラスの座席なら、隣りが空席ということが多いです\(^o^)/ まあ、そもそも長距離路線のフルフラットシートなら、隣席という概念がないですけどね(^_^;)

そしてもう1つ、ビジネスクラスの特権で嬉しいのがこちら!

関空にはビジネスクラスや身体に不自由な方専用の「ファストレーン」が用意されています!ここが使えるので、手荷物検査があっという間に終わるんです!

こちらがその「ファストレーン」

見て下さい、右側の長蛇の列…。

この日は、手荷物検査までエコノミークラスなら10分以上は待たされていたようですが、ビジネスクラスなら待ち時間0!!陸マイラー活動をしていて良かったと思える瞬間ですねー\(^o^)/

ちなみに…SFC修行はボクはおすすめしません!

ANAの上級会員「SFC」。SFCとはスーパーフライヤーズカードの略で、年間「東京-大阪」間であれば50搭乗くらいすると、発行できる上級会員の資格です。で、このSFCの資格を得るために、飛行機に乗りまくることをSFC修行と言うんですが…ボクはあまりおすすめしません。安く見積もっても30〜40万円くらいかかる上に、時間ももったいない!陸マイラー活動して、毎回ビジネスクラスで発券すれば、結局上級会員と同じ資格が得られますから!

マスゴミマイラー
ボクは出張で飛行機乗りまくるんで、たまたま上級会員なだけです(^_^;) ちなみに繁忙期の国内旅行が圧倒的に多いという方なら…まあSFC修行もありかも。年末年始やお盆の空港の国内線の混雑を避けられるのは確かに大きいです!

スポンサーリンク

関西空港ANAビジネスクラスラウンジをチェック!

ということで、ビジネスクラスのおかげで一気に100人以上の人をごぼう抜きしまして、優先で手荷物検査を済ませ、出国手続きも完了!

次に向かうのは、そう「ビジネスクラスラウンジ」です。関西空港には、ANAのビジネスクラスラウンジが存在するので、そちらへ向かいます。

たまに勘違いする方がいますが、このような航空会社のビジネスクラスラウンジは、基本的には「ゴールドカード」や「プラチナカード」「ブラックカード」と呼ばれるようなクレジットカードでは入れません!ビジネスクラスもしくは航空会社の上級会員のみの特権として、ANAラウンジは使用できるんですね\(^o^)/

中の様子ですが、正直関空のANAラウンジはそれほど広くはありません。ほんとは初めてのビジネスクラスラウンジは羽田空港とか成田空港のほうがオススメなんですが、関西在住ならこればっかりは仕方ありません。

しかも、朝の時間帯はいつも混み合っていて、座席は8割がた埋まっていることが多いですね。とにかくビジネスマンが多いです。この日は結構空いているほうですね。

窓の外にはすぐ目の前にANAの飛行機…景色は抜群です\(^o^)/

関西空港ANAラウンジの朝の食事は?

では、ANAラウンジで提供されている朝の食事をご紹介しますね!

「焼きそば」と「サバの味噌煮」

「いなり寿司」と「各種おにぎり」

そしてビジネスクラスラウンジといえば「カレーライス」

朝はパン派のあなたには…デニッシュもあります。

サラダとスナック類

飲み物はソフトドリンクはもちろん、ビールやアルコールも一通りありますね!

とまあこんなもんです…ちょっとがっかりですかね(^_^;) 関空のラウンジは正直、羽田や成田はもちろん、世界各国のビジネスクラスラウンジから見ても見劣りすると正直思います。

同じ関空でもJALビジネスクラスラウンジの方が、快適性も広さも提供される食事も、上質だと思いますね。【関空発 台北桃園行き】1歳2歳子連れで大丈夫?JALビジネスクラス搭乗記&ラウンジ訪問記(JL813便)」の記事にちらっと書いてますのでよろしければどうぞ。

関西空港発の台北・桃園空港行きJAL813便のビジネスクラス搭乗記です。賛否両論あるビジネスクラスでの1歳2歳子連れは大丈夫だったのか!?関空サクララウンジ、台湾のビジネスクラスラウンジは子連れに便利だったのかを徹底リポート。控えめに言って…桃園空港ラウンジはカレーライス&スイーツが最高でした!

ただしがっかりしないでください!帰りは、ANAビジネスクラス搭乗者なら、上海浦東空港の「中国国際航空(エアチャイナ)」のビジネスクラスラウンジが使えるんですが、もう規模から食べ物から関空ラウンジとの違いにすべてに圧倒されることになります\(^o^)/ 帰りのラウンジを楽しみにしておきましょう!

ということで、カレーと焼きそば、サバの味噌煮を美味しくいただきました!

ANAのカレーはJALに比べると、お肉の量が少ないのが少し残念(^_^;)

デザートにチョコチップデニッシュとアイスカフェラテ。

そうそう、ビジネスクラスラウンジで嬉しいのは「コピー機が無料で使えること」ですね!ホテルの予約確認やパスポートのコピーなんかを念のために取っておきたいときに気軽に使えます!このあたりも、陸マイラーやってて良かったーといつもなります\(^o^)/

スポンサーリンク

いよいよ搭乗!NH973便ビジネスクラス「ビジネスクレードル」の感想は?徹底レビュー

さあ、ビジネスクラスラウンジの朝食で腹ごしらえしたあとは、いよいよ搭乗です!ビジネスクラスならもちろん…優先搭乗があるので先に乗れちゃいます!ビジネスクラスのチケットがあるだけで、ほんとに毎度毎度、いろんなところで気持ちいい気分にさせてくれるんです\(^o^)/

ただ、冒頭から書いてますように、今回のビジネスクラス円正直シートに関しては期待していませんでした。今までボクは陸マイラー活動のおかげで、いろんな航空会社のファーストクラスやビジネスクラスに乗ってきましたが、フラットにならないシートはほぼ乗っていません。わざわざコスパが悪いビジネスクラスシートは選ばないようにしてきたんです。

ですが今回は、ANAの中でももっともしょぼいビジネスクラス「ビジネスクレードルシート」というシートになります(^_^;) ちなみに「クレードル」はゆりかごという意味。

よく「新幹線のグリーン車レベルのシートだね」と言われる席ですね!まあ言うても2時間半のフライトですし、フルフラットになる必要はないですから全然問題ないです!何度も言いますが、陸マイラー活動のおかげで無料で乗ってるわけですからね…文句なんてあるはずないし、言う資格もないんです\(^o^)/笑

マスゴミマイラー
でも評判悪いビジネスクラスシートは不安だなーと思いながら…いよいよ搭乗ですーー\(^o^)/ 

さあ機内の中を見ていただきましょう!関空発の上海行き、短距離国際路線のANAビジネスクラス「ビジネスクレードルシート」はこんな感じだーーーー\(^o^)/

飛行機にあまり乗らない方から見ると、結構見慣れないシート配列かもしれないですね。「2-1-2」ということになります。

ANAビジネスクラス「ビジネスクレードルシート」を徹底レビュー

ということで、こちらがボクの座る窓際「7A」のシートになります。さきほども言いましたとおり、隣の席には誰もこないということで、快適に過ごせそうです\(^o^)/

実際に座ったときの景色はこんな感じ…第一印象は「アレ、意外と広いぞ\(^o^)/」

実際、足を伸ばしてみてもこんな感じでまったく前には当たりません。うん、思ってたより十分広い\(^o^)/

斜めに見るとこんな感じ。足元にはほんとに余裕があります!

では、ここからは「シートガイド」も見ながらチェックしたANAビジネスクレードルシートの機能面も見ていきましょう!

まず背もたれ横には、読書灯があります。今回は昼便ですので使うことはないですが、この位置にあるのは意外と重宝しそうです!

座席には、ちゃんとコンセントとUSBポートもありました!これだけで、パソコンやスマホの利用が心おきなく可能になりますし、機内での安心感が違います\(^o^)/

モニターのリモコンは旧型ですね

コンセントの下にはペットボトルやメガネを入れられるちょっとした収納BOX。

またモニタ下にも、雑誌などをいれられる収納スペースがあります。

テーブルですが、肘掛け部分に収納されていて、広げるとかなりの大きさに!

そして一番気になるのが、リクライニングですよね。まあ短い路線なんで、そんなにシートを倒して熟睡するようなこともないんですが(^_^;)

リクライニングは、サイドテーブル付近にあるボタンでワンタッチ操作可能。

で、最大まで倒してみたシートは…こんな感じに\(^o^)/

倒していない隣りのシートと比較!

正直な感想を言いましょう!

マスゴミマイラー
ビジネスクレードルシート…十分快適やん!なんなら6時間くらいなら熟睡できるんちゃうかーーー!?

そうなんです。ずっと「新幹線のグリーン車席」と聞いていたので期待はしていなかったんですが、グリーン車の座席よりも圧倒的にシートは倒れます!優雅に過ごせます!

特に素晴らしいのがこの「オットマン」。

本来の使い方とはちょっと違うかもしれませんが…こうやってオットマンを少し立てて…その上に足を置くと…

なんかめちゃくちゃ足にフィットして、快適\(^o^)/ フルフラット感覚も味わえました\(^o^)/笑

ちなみに本来の使い方はこっちです(^_^;)

ちゃんと厚手のブランケットも各席に置いてありますから、これで快眠間違いなしですー\(^o^)/

スポンサーリンク


関空発上海行き NH973便ビジネスクラスの機内食の感想は?

ということで、ビジネスクレードルシートは予想以上に良かったんですが、機内食はどうだったのか…しっかり見てみましょう!

まずは飲み物といっしょに、あられが配られます。特筆すべき味ではないです(^_^;)

で、そのあと機内食が配られます!料理ですが…朝9時台の飛行機ということを考えると、かなり豪華な内容\(^o^)/

メインは「胡麻の香るチキンのソテー」

美味しかったのはこの前菜。「シーフードのアソート梅ソース&神戸牛のローストビーフ」

デザートに「フィナンシェ」もありました!

飛行時間2時間半の短い路線ということを考えれば、十分でしょう!

ちなみに帰りのはNH976便に乗ったんですが、その機内食はこちら。帰りの方が美味しかったですが、時間帯によって豪華さは変わらないんですねー。

スポンサーリンク

まとめ ビジネスクレードルシートは食わず嫌いだった…十分素晴らしいよ!

ということで、短距離路線のANAビジネスクラス「ビジネスクレードルシート」ですが、予想以上に素晴らしかったです!エコノミークラスとは雲泥の差ですし、フルフラットにはならないものの、十分すぎる快適性でしたね!

このシートに片道わずか20,000マイルで乗れるなら、十分お得!ということであなたも手軽に無料でビジネスクラスで海外旅行しませんか?

マスゴミマイラー
特に上海や韓国、台湾などが好きなあなたなら…陸マイラー活動を始めればすぐにビジネスクラスで無料海外旅行が楽しめますよーー\(^o^)/

興味を持ったあなたはぜひ「デルタを捨ててANAマイルを貯めよう!初心者におすすめ!日本一簡単な陸マイラーとは?」「【2020年必須】日本一簡単な陸マイラーの始め方「TOKYUルート」を徹底解説!毎月75,000 ANAマイルを貯めよう 」を読んでみてくださいね。人生変わることを保証しますーー\(^o^)/

これで誰でも簡単に年間ANAマイルが20万マイル以上貯まる!2019年10月の最新版、ANAマイルを貯める陸マイラー方法をご紹介。しかもややこしいことはとにかく省いた、日本一簡単な陸マイラー入門です。初心者にもわかりやすくオススメです!

2020年に必須!陸マイラーの方法「TOKYUルート」を完全解説!これさえ読めば、陸マイラーが初めてのあなたでも、すぐに実践可能に!ソラチカルート閉鎖も気にする必要なし!これで毎月75,000ANAマイルを貯めちゃいましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする