ANAよりオススメ!デルタ航空のハワイ・ホノルル空港 ビジネスクラスラウンジ体験

おはようございます!マスゴミマイラーです。

しょっぱなの記事でいきなり、なんだか矛盾することから書きます(^_^;) ホノルル空港のデルタ航空ラウンジが思ってた以上に素晴らしかったんです!

スポンサーリンク


デルタ航空のマイルを貯めたきっかけ

僕、デルタ航空のマイルを10年間貯めてたんです。それは自己紹介の欄に書いたとおりです。

はじめまして、2017年から陸マイラー活動を始めたマスゴミマイラーです!名前のとおり、もともとはマスコミ業界・テレビ局の局員として働いており...

ようは、有効期限のあるJALやANAのマイルは、特典航空券にする前に期限がきてなくなってしまうかもと思い、実質無期限のデルタ航空のマイルを貯め始めたんですねー。もちろん仕事でデルタ航空に乗ることなんて皆無だったんで、すべてクレジットカード決済で貯めましたよー\(^o^)/(いくら使ったんだ…_| ̄|○)

10年間で貯めたマイルは…100万マイル以上!2017年4月時点で保有していたのは、75万マイルほど。

「俺よりこんなにマイル貯めてるヤツはなかなかいないぞ」 「しかもデルタ航空のマイルは実質ほぼ無期限」 「JALとかANAでマイル貯めてるやつ、アホだな!アホ!情報弱者!」

…と思っていたボクは「陸マイラー」という言葉に出会って「アホで情報弱者は俺だった\(^o^)/」となったわけです。

スポンサーリンク

そして陸マイラーデビュー…驚きの結果は?

そしてANAマイルを貯め始めました。方法は「【2018年4月1日〜最新版】 デルタを捨ててANAを貯めよう。初心者におすすめ!日本一簡単な陸マイラー入門 」で書いたとおりです。結果、わずか半年で10万マイルを超えるマイルを獲得。しかも、大して苦労をしてないのです!お金も全然使ってないのに!月に1枚クレジットカード作って、月に2回マッサージに行って、月に1回外食する。ただそれだけでマイルが面白いように貯まるんですから、笑いがとまりません!\(^o^)/

これで誰でも簡単に年間ANAマイルが20万マイル以上貯まる!2018年4月以降の最新版、ANAマイルを貯める陸マイラー方法をご紹介。しかもややこしいことはとにかく省いた、日本一簡単な陸マイラー入門です。初心者にもわかりやすくオススメです!

そうなると、今度は「これからマイルなんて貯まる貯まる!」 「余ってるマイルはどんどん使っちゃおう!!」となるのは当然の成り行きですよねー。

スポンサーリンク

マイルがどんどん貯まる!ハワイへ行こう!

ANAの特典航空券を予約したい…その実態は?

で、この夏休みにマイルでハワイに行くことにしたんです。妻と1歳の息子を連れて。さあ、ANAマイルは貯まりまくるんだから、ANAのホノルル行きの特典旅行だー。しかし…

ぜんぜん取れませーん!
かすりもしませーん!

確かにビジネスクラスの特典旅行はとりにくいとは聞いていたもののハワイはエコノミーも壊滅じゃないか!ということで、作戦変更。75万マイルもあるデルタ航空のマイルを使うことにしたのです。

デルタ航空の特典航空券を予約したい…その実態は?

よし、こうなれば思い切ってデルタ航空のマイルを使ってしまえ!ANAのマイルはアホみたいに貯まるわけだし、もうデルタ航空の特典航空券は当然ビジネスクラスだ!!どんとこい!!と、探してみると…デルタ航空のホノルル行きビジネスクラス あっさり取れました\(^o^)/ しかも1人往復14万マイル。

というわけで、今残っているマイルは46万マイルです。これならもう2回は余裕でビジネスクラスでハワイに行ける!とはいかないのがデルタ航空…

デルタ航空のスカイマイルの必要特典マイル数は正直、なかなかの代物です(^_^;) 例えば日本ーハワイの片道ビジネスクラス必要マイル数はその混み具合で現在は6段階に分かれています。

  • レベル1:片道 60,000マイル
  • レベル2:片道 80,000マイル
  • レベル3:片道 100,000マイル
  • レベル4:片道 130,000マイル
  • レベル5:片道 155,000マイル
  • レベル6:片道 185,000マイル

ということは往復はこの倍なので、最もお得なマイル数で往復120,000マイル。最も多くマイルが必要な場合は 往復370,000マイルが必要なんです。

ちなみにANAの日本ーハワイのビジネスクラスの必要マイル数ですが、こちらは片道で予約することはできませんので、往復で表示します。往復ですよ!

  • ローシーズン:往復 60,000マイル
  • レギュラー :往復 65,000マイル
  • ハイシーズン:往復 68,000マイル

つまりANAなら最大でも 往復68,000マイルでハワイ往復ビジネスクラスが可能なんです!
いかにデルタ航空のマイルがおかしいかおわかりでしょうか! デルタ航空はANAと比べると、最低でも倍ちかくのマイルが必要なんです。しかもですよ。実際の特典航空券のカレンダーを調べてみるとさらなる衝撃が走ります。たとえば2017年10月16日に、向こう3か月の特典状況を見てみると…

往復120,000マイルで行ける日なんて皆無!10万マイル台でいける日も数えるほどしかなく、ほとんどが20万マイル以上必要で、30万マイル台も決して珍しくないんです。ANAのハイシーズンの必要マイル数のおよそ6倍…

それはお前、そんな直近3か月調べてもダメだよ!来年調べて見ろよ!という声もあるかと思いまして、夏休み前の閑散期、2018年6月〜7月の特典航空券カレンダーも調べますが…

やっぱり往復120,000マイルなんて夢じゃねえかー!!\(^o^)/ 

ということで僕が1人14万マイルで往復ビジネスクラスの特典航空券をおさえることができたのがいかに奇跡かお分かりいただけましたでしょうか?このあたりのことは「驚愕!デルタ航空スカイマイルの特典航空券必要マイル一覧表 」にまとめました。デルタ航空の公式サイトにも掲載されていない情報です。デルタ航空の特典航空券をとるのがどれだけ大変か、分かっていただけると思います(^_^;)

デルタ航空スカイマイルをメインで貯めている方は必見!公式サイトにも載っていない「デルタ航空マイルの特典航空券必要マイル一覧表」を掲載。デルタ航空のオススメ路線、必要マイル数、予約方法、いかにデルタ航空のマイレージプログラムが鬼畜かを紹介、解説。国内線スカイマークの発券方法も解説。

スポンサーリンク


デルタ航空ビジネスクラス特典航空券でハワイへ

で、やっと本題!そんなデルタ航空をメインのマイルとして貯めることをやめよう、これからはANAマイルをばかばか貯めてやろう!そう決めたデルタ航空ビジネスクラスでのハワイ旅行なんですが、結論から言うと「デルタ航空、ANAよりもええとこあるやん!\(^o^)/」という感じだったんです。

特にホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ国際空港)のデルタビジネスクラスラウンジが思ったよりいい!ホノルルのANAラウンジはいろんなブログで見てもかなり評判が悪いんですが、デルタのラウンジはかなり良かったです!

スポンサーリンク

こんなによかった!ホノルル空港のデルタ航空ラウンジ

ホノルル空港にあるデルタ航空のラウンジ「デルタスカイクラブ」は2015年にリニューアルオープンされたばかりで非常に新しく、快適な空間でした。

13番のゲートの近くにあり、保安検査場から歩いて1分くらいのイメージ。非常に便利な場所にあります。外観から木のぬくもりを感じられる、オールドハワイの雰囲気ですね。ちなみに営業時間は朝6:00〜夜22:00まで。日本への帰国便を考えると、十分利便性は高いですね!

中は40人くらいは座れるでしょうか?お昼すぎに行ったのですが、非常にすいておりました。嬉しかったのは、日本の新聞が数種類! 読売、朝日、そして日経まで\(^o^)/機内では新聞は争奪戦になることもありますし、このサービスは素晴らしいです。

さあ、一番気になるお料理ですが、それなりのものは揃ってます。パンやサラダなどはもちろん、簡単なパスタやスープなどのホットミールもありました。ソフトドリンクももちろん普通にあります!

アルコールはこんな感じ。僕は飲まないのであんまりわからないですが、充実してるんじゃないですか!?(適当。笑)

また、カップラーメンがあるのも地味に嬉しいですね!日本の味とは微妙に違うような…(^_^;)で!実はこのカップラーメンの画像をよく見ていただくと分かるんですが、ここにこのラウンジのやる気というか本気を感じることができたんです!よーく見てください!

このお箸!

なんと割り箸じゃないんです。普通の木でできたお箸なんです。しかも、これご自由にお持ち帰りくださいとのこと。なんて贅沢!ここは日本じゃないんですよ!お箸なんて、1本100円はしますよ!それを持っていくのが自由って!日本にもそんなところないって!ハワイ、ホノルルのラウンジでこんな素晴らしいサービス、ありますか!?笑

そして、さらにさらに!嬉しかったのがコレ!!

みんな大好きカレーライス!!JALやANAのラウンジといえばカレー。皆さんこぞって食べてますよね。でもデルタなら、ホノルル空港のラウンジでもカレーが食べられちゃうんです!しかも、このラウンジの本気が…

福神漬けまで完備!繰り返しますが、ここハワイですよ!日本人専門のラウンジか!?それとも日本のカレーは今や世界中でファンが多いのか!?興奮しちゃいましたが、素晴らしいですねー。

ということで、ホノルル空港のデルタスカイクラブラウンジは日本人のかゆいところに手が届く、大満足の施設でした!1つ残念なのが、スイーツが充実していなかったところ。まあ、それを差し引いても素晴らしいラウンジでした。

【追記】2018年春に再びホノルル空港のデルタ航空ビジネスクラスラウンジ再訪しました!相変わらず素晴らしかった\(^o^)/ 詳細は「【2018年再訪】デルタ航空ハワイ・ホノルル空港のラウンジはやっぱり最高&ジェットキッズで快適自主ビジネスクラス!? 」を御覧くださいーーー。

2018年春に再びデルタ航空でハワイ旅行に行ってきました!今回は特典航空券であえてエコノミークラス。なぜなら…ジェットキッズの実力を試すときがきたからです!結論から言うととにかく快適!子どももぐっすり。しかもデルタアメックスゴールドのおかげでビジネスクラスラウンジへ…徹底解説します!

まとめ…デルタ航空のマイルはサブで貯めよう!デルタ航空乗るならデルタアメックスゴールドを使おう!

ということで、結論。結局一番いいのは、もしあなたがメインでデルタ航空のマイルを貯めているとすれば、それを今すぐやめてANAマイルを貯めることです!で、ハワイに行くときにはなかなかとれないANAのマイルではなく、デルタ航空のマイルで行くのも考慮するのがベターかなというのが今の結論です!!\(^o^)/

ANAのマイルなら、こちらに書いた「デルタを捨ててANAマイルを貯めよう! 日本一簡単な陸マイラー入門」という方法で、誰でも年間20万マイルは貯められるんですから\(^o^)/

これで誰でも簡単に年間ANAマイルが20万マイル以上貯まる!2018年4月以降の最新版、ANAマイルを貯める陸マイラー方法をご紹介。しかもややこしいことはとにかく省いた、日本一簡単な陸マイラー入門です。初心者にもわかりやすくオススメです!

今とにかく話題の陸マイラー活動。毎年誰でもANAマイルが216,000マイル貯まるということで、どんどん人気が広がっています。ただ全くの初心者には少しややこしいのも事実。一度「陸マイラー活動」を読んでも理解できなかった…そんな方のためのお試し陸マイラー方法をご紹介します!

そして、デルタ航空のスカイマイルはサブで貯めればいいのです!で、もしデルタ航空のマイルを貯めているにも関わらず「デルタアメックスゴールドカード」を持ってない人はいませんか? それはほんとにもったいないです!「デルタアメックスゴールドカード」は使い方によっては大化けします。ぜひ興味のある方は「7年使って分かった!デルタアメックスゴールドカードの魅力・メリットを徹底解説!」を読んでみてください!特に今後デルタ航空に乗る予定の方、今後SFC修行をする予定の方、必見ですよー!

デルタ航空に乗る方は全員デルタアメックスゴールドを作らないと損しちゃいます!お得でメリットいっぱいのデルタアメックスゴールドカードの魅力を徹底解説!SFC修行をする方にとっても魅力満載。必見です!

海外旅行好き必見!デルタ航空スカイマイル46万マイル、ANA33万マイル、ブリティッシュエアウェイズ16万マイルを持つ管理人が所有する全クレジットカードをランキング形式、番付表で大公開!こうすればマイルが貯まって高級ホテルを楽しめる!?お得なクレジットカードとは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする