【2020年1月21日更新】驚愕!デルタ航空スカイマイルの特典航空券必要マイル一覧表

【2020年1月21日更新】
デルタ航空の特典航空券の必要マイル数は、ANAなどと比べるととんでもない数になることで有名ですが、そんな中でもかなりお得な路線を見つけました!ずばりアフリカです!なんと、「エジプト・カイロ」「南アフリカ共和国・ヨハネスブルグ」の往復ビジネスクラスなら、ヨーロッパよりもお得に行けちゃうんです!詳細はこちらをお読みくださいー。

【2020年2月4日更新】一撃114,500マイル!デルタ航空2重取り裏技

これからデルタ航空に乗る方に大チャンス!いきなり最大114,500マイルをGETできる裏技があるんです!しかもたった1回のフライトで!正直とんでもないチャンスなので、デルタ航空に乗る方は使わないと大損!詳細は「【一撃114,500マイルGET】デルタ航空に乗る方必須!「デルタアメックスゴールド&TRUST CLUBプラチナ」の合わせ裏技を徹底解説! 」をご覧くださいねー\(^o^)/

これからデルタ航空に乗られる方…本当にコレをしないと大損します!クレジットカード2枚のキャンペーンを利用して、最大11万4500マイルをGETしましょう!しかも、ビジネスクラスラウンジにプレミアムエコノミーに専用コンシェルジュサービスまで利用可能に!ほんとにほんとにおすすめの裏技です!

おはようございます。マスゴミマイラーです。

ついに手をつけるときがきました。デルタ航空スカイマイルの最新版、特典航空券必要マイル一覧に!!このブログを立ちあげたきっかけは、自己紹介にも書きましたが、デルタ航空のスカイマイルを貯めている方に「デルタ航空のマイルはサブで貯めよう!メインはANAマイルを貯めなさい!」と言いたかったことにつきます。

「デルタ航空のスカイマイルは実質無期限だし、貯めやすい!」と信じた結果、僕は10年間以上かけて、100万マイルのマイルを貯めました。クレジットカードの利用等でコツコツ貯めたのです。初めてこの記事を書いた2017年11月当時で460,000マイル以上のデルタ航空スカイマイルを保有していましたし、今ではSPGアメックスを利用することで再び3桁万マイル保有者(実数値は秘密です…(^_^;))に返り咲きました\(^o^)/

↓ 2017年11月当時

↓ 2019年12月現在

今飛行機&ホテル好きで最も話題のクレジットカード「SPGアメックス」。2018年9月に改悪…!? いえいえそれでもお得なんです!なんと年会費3万円そこそこで100万円分は得をしました!無料でスイートルームにアップグレード、JALビジネスクラスにも搭乗!その記録を大公開します!

今ではマイルに困ることは全くなくなりましたが、そんな2016〜2017年当時のボクは、突然仕事の都合で出張族となり、ならせっかくだしANAマイルを貯めるか…と調べて知った「陸マイラー」という言葉。

マスゴミマイラー
あれ、ANAのマイルはすぐに貯まる!?飛行機に乗らなくてもめちゃくちゃ貯まるじゃないか!しかもデルタ航空のスカイマイルと比べて、驚くほど少ないマイルで特典航空券を発券できるぞ!

マスゴミマイラー
いやいや、というかデルタ航空のマイルがおかしいんじゃね!?うわ、デルタ航空の必要マイル数がめちゃくちゃおかしい!!!\(^o^)/

調べれば調べるほど、なぜ自分はデルタ航空のマイルをメインで貯めてきたんだーーーと自暴自棄に陥りましたよ\(^o^)/笑 「ANAマイルをメインで貯めときゃよかったーーーー(T_T)」と大後悔した僕のような人間をもう産み出したくないのです!\(^o^)/

デルタ航空のマイルより、ANAのマイルの方が簡単に貯められるのは「すべて解決!日本一簡単な陸マイラーとは?デルタを捨ててANAマイルを貯めよう!」「【最強の陸マイラーの始め方】最速でハワイに無料ビジネスクラスで行く方法&ロードマップを完全解説!」に書いたとおりです。僕も1年で簡単に30万マイル以上のANAマイルが貯まりました。2019年12月現在の保有マイルは92万マイルを超えています\(^o^)/

2020年に必須!初心者でも簡単な陸マイラーの方法「TOKYUルート」を完全解説!これさえ読めば、陸マイラーが初めてのあなたでも、すぐに実践可能に!ソラチカルート閉鎖も気にする必要なし!これで年間20万ANAマイルを貯めちゃいましょう!

陸マイラー活動を通じてビジネスクラスでハワイへ!誰もがあこがれる旅行を最短で実現できる方法をロードマップ的に完全解説しました!これが今できる最強の陸マイラーの始め方。あなたも半年後には14万ANAマイル以上が手に入る方法…保存版です!

とにかく貯まるANAマイルに驚きを隠せないんですが、それと同じくらい驚きなのが、デルタ航空の特典航空券に必要なマイル数は、ANAとは比べ物にならないくらい膨大なマイルが必要ということなんです!無料で特典航空券を発券しようと思うと、もうべらぼうにマイルが必要なんです!!正直、鬼畜なんです!!!「デルタ航空=鬼畜」の方程式が成り立っているんです!\(^o^)/

その実態をごらんいただきましょう!そして僕の悔しい気持ちをみんなに分かち合ってほしい!!ANAのマイルを貯めておられる全陸マイラーのみなさん、お願いだからこの記事読んで、僕を慰めてーー\(^o^)/笑

ちなみに、根本的にデルタ航空スカイマイルのことが分かっていないという方、デルタ航空スカイマイルのことを根本的にもっと知りたいという方は「【完全保存版】10年貯めたから分かった!デルタ航空スカイマイルを完全解説!」もごらんくださいー。

10年以上かけて100万マイル以上貯めたデルタ航空スカイマイル。そんなボクだから分かったデルタ航空スカイマイルを徹底解説した完全版です!デルタ航空は世界最大の航空会社で、なおかつ世界一クセの強い航空会社…うまく使いこなすオススメの方法は?デルタアメックスゴールドを発行された方も必見!

そして、早くもこれだけ酷評している(笑)デルタ航空のスカイマイルですが、このマイルを貯めないというのももったいない!いやむしろサブで貯めないとめちゃくちゃ損しちゃうマイレージプログラムなんです。そのためには「デルタアメックスゴールドカード」をいかに活用するかが鍵です。「デルタアメックスゴールドカード」を使うことで、めちゃくちゃマイルが貯まる可能性も秘めています。たとえば…

これから半年以内にハワイ行きのエコノミークラスに乗る予定の方:最大81,966マイルゲット & 無料でプレミアムエコノミークラスへアップグレード & ビジネスクラスラウンジ無料使用
これから半年いないにハワイ行きのビジネスクラスに乗る予定の方:最大150,498マイルゲット

こんな可能性も秘めているのです!\(^o^)/ ぜひ「8年使って分かった!デルタアメックスゴールドカードの魅力・メリットを徹底解説!」を見ていただいて、あなたのデルタ航空スカイマイルの貯め方、活用法が間違っていないか、今一度再確認してみてくださいねー。

デルタ航空に乗る方は全員デルタアメックスゴールドを作らないと損しちゃいます!お得でメリットいっぱいのデルタアメックスゴールドカードの魅力を徹底解説!SFC修行をする方にとっても魅力満載。必見です!

スポンサーリンク


目次

デルタ航空 特典航空券必要マイル数は公式サイトに掲載なし!

では、デルタ航空の特典航空券必要マイル数を見ていただく前に、なぜ僕が「デルタ航空=鬼畜」をこんなに宣言しているかというとですね…まずはデルタ航空のその姿勢に問題があるんですよ\(^o^)/ いや別に接客態度が悪いとか、そういう姿勢はもういいんです。そうじゃなくて…驚くべきことにデルタ航空の公式サイトのどこを探しても、特典航空券必要マイル表が存在しないんです!

「は!?」って思いません?公式サイトに掲載していないんですよ。特典航空券の必要マイル数を知るためには、実際に公式サイトから旅程を入力して、初めてそこに表示されるマイル数を見て、いちいちその都度確認しないといけないんです。

マスゴミマイラー
公式サイト見ても特典航空券の必要マイル数一覧が一切ないとか不便きわまりない!これって怠慢でしょーが!!…と思いきや、違うんです!!\(^o^)/

なぜこんな不便なことになっているのか?ここに何よりのデルタ航空の鬼畜っぷりが伺えます。僕はこれ、デルタ航空の確信犯だと思ってます。実はデルタ航空は、過去に何度も特典航空券の必要マイル数の改悪を行なってきました。まあ、これは昨今の航空会社ではよくあることです。ただ、デルタ航空が鬼畜なのは、改悪を予告なしにするんです。ある日突然、特典航空券の必要マイル数が増えてるんです。しかも何度も何度も細かく細かく、ユーザーが知らない間にこっそり改悪しとるんです\(^o^)/ 僕もこれで何度涙をのんだことか…(T_T)

そして、その度重なる必要マイルの改悪を世に知られるのを恐れているのか、なんと2015年頃から公式ホームページでの特典航空券の必要マイル表の掲載をやめてしまったんです!改悪のたびに変更するのが面倒だ!いや、いっそのこと、改悪してるかどうか分からんようにしてやろう!!そんな姿勢が見え隠れするんです(僕の勝手な考えですが(^_^;))。

というわけで、なんとかデルタ航空の異常な状況を知ってもらいたいということで、僕が調べた「最新版 デルタ航空特典航空券必要マイル一覧」を、ここに公開します!参考までにANAの必要マイル数とも比較できるようにした保存版です!でも保存しても、すぐに改悪されるかもしれませんー\(^o^)/笑 少なくとも2019年12月現在は、この表で正しいはずです!さあ、デルタ航空スカイマイルの特典航空券、怒涛の必要マイル数に驚くのだーーーー\(^o^)/\(^o^)/

※ちなみに、デルタ航空の特典航空券は片道発券が可能です。ANAの特典航空券は往復のみの発券になりますが、比較するためにすべて片道マイル数で表記します。
※またゾーン表記は、わかりやすくするために当ブログがつけたものです。公式には地域分けはありますが、現在はゾーン表記はないはずです。

スポンサーリンク

2020年1月現在 デルタ航空 特典航空券必要マイル一覧

デルタ航空特典航空券 必要マイル数【ゾーン1】 韓国

韓国(片道)
エコノミークラス ビジネスクラス
デルタ航空 7,500マイル 15,000マイル
ANA ローシーズン 6,000マイル 12,500マイル
レギュラー 7,500マイル 15,000マイル
ハイシーズン 9,000マイル 16,500マイル

主な航空会社:大韓航空

まずは日本から韓国の便。あれ?デルタとANAで必要マイル数同じ!?いきなり拍子抜けですいません。実はこの韓国路線は、数少ないデルタ航空の特典航空券の超オススメ路線なんです。今、デルタ航空のマイルを持っている方は、この日本ー韓国路線でぜひマイルを使った特典航空券を発券しましょう!ちなみに、韓国へはデルタ航空自社便は運航していません。直行便であれば、デルタ航空が加盟しているスカイチームの大韓航空を利用することとなります(※ちなみに後述してますが、大韓航空の利用には注意が必要です)

ただ、次のゾーン2「北アジア&アジアリゾート」あたりからかなり雲行きが怪しく…鬼畜デルタ航空の本領を発揮しだします\(^o^)/

デルタ航空特典航空券 必要マイル数【ゾーン2】 北アジア&アジアリゾート
(台湾、中国、香港、フィリピン、グアム、サイパン他)

北アジア&アジアリゾート(片道)
エコノミークラス ビジネスクラス
デルタ航空 レベル1  17,500マイル 30,000マイル
→35,000マイル
(※2019年3月改定)
レベル2  22,500マイル 37,500マイル
レベル3  27,500マイル 47,500マイル
レベル4  32,500マイル 55,000マイル
レベル5  37,500マイル 62,500マイル
レベル6  45,000マイル 75,000マイル
ANA ローシーズン  8,500マイル  17,500マイル
レギュラー  10,000マイル 20,000マイル
ハイシーズン 11,500マイル 21,500マイル

主な航空会社:デルタ航空、チャイナエア、中国東方航空、大韓航空

さあ、いよいよデルタ航空がここから牙を向きます\(^o^)/ まず何やら見慣れない「レベル」というランク分けが出てきましたが、これは「その日の混み具合によって、必要マイル数は前後しますよ」という制度ですね。ANAでは「ローシーズン」「レギュラーシーズン」「ハイシーズン」の3段階に分かれていますが、デルタ航空はなんと6段階もの必要マイル数に分けられています。

で、往復では往路・復路ともこの6段階の組み合わせの合計になるので、なんと必要マイル数は21通りも生まれます。これがデルタ航空の特典航空券のややこしいところで、公式ホームページで検索しても、この21通りの組み合わせの結果しか表示されれません。比較対象もしにくいですし、一体どのマイル数が最小必要マイル数かも不明です。公式ホームページを見ても一切分からないシステムなのです。もう、めちゃくちゃ不便!!ですが、これで分かりましたよね!たとえば「日本ーグアム」のビジネスクラスでの往復で考えてみると…

最小必要往復マイル数…35,000+35,000=70,000マイル
最大必要往復マイル数…75,000+75,000=150,000マイル

グアムとのビジネスクラス往復は最小で70,000マイル最大では150,000マイルが必要というわけです。グアムとの往復で最大150,000マイル!?(;・∀・) ちなみにANAなら往復最大43,000マイルで行けるわけですから、その差は最大100,000マイル以上!驚きの結果です。

ちなみにANAで往復150,000マイルあれば、世界中どこへ向かう特典航空券でも往復で発券できちゃいます(^_^;) それが、デルタ航空なら最悪、台湾往復の特典航空券にしかならないんですから、鬼畜意外の何者でもありません!!\(^o^)/ が!!デルタ航空スカイマイルの鬼畜ぶりは、まだまだ序の口なのでありますーー\(^o^)/

【ある意味朗報?】
2020年1月現在、デルタ航空は残念ながら「成田ーマニラ」路線を除いてすべてのアジア往復便を運休させています。(詳細・理由はこちらの記事をどうぞ)。なので、実際には特典航空券のほとんどはデルタ航空の便ではなく、チャイナエアや中国東方航空の便を利用することになります。で、これも理由含めて後述しているのですが、デルタ航空自社便以外の特典航空券の必要マイル数は、なんと最も必要マイルの少ないレベル1が適用されます。なので、現状はエコノミークラス17,500マイル、ビジネスクラス35,000マイルの便しか出てこないわけですね!嬉しいのやら悲しいのやら…(^_^;)

【閑話休題】
ちなみに、最近千と千尋の神隠しのモデルになったとも言われる台湾一の観光地「九份」に行ってきたんですが、すごく良かったんです\(^o^)/ 2歳の子連れには行くのは大変かも…などと言われてますが、ちょっとした工夫をすれば全然大丈夫!九份の歩き方・行き方・帰り方・所要時間・費用・ベストな時間帯…すべてを完全網羅した「【裏技紹介】初めての九份完全ガイド」はこちらにまとめました! 美しい写真だけでもいいからぜひ見てくださいー\(^o^)/

初めて九份に行く方必見!九份の歩き方、行き方、帰り方、費用、ベストな時間帯、所要時間…すべてをまとめました!アクセス方法5種類を徹底比較!1歳や2歳の子連れで台湾一の観光地「九份」観光は危険ってほんと?実際に子連れで行ったから分かる九份完全ガイド!知らなきゃ損する裏技もご紹介します!

デルタ航空特典航空券 必要マイル数【ゾーン3】 東南アジア
(シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、インドネシア、パラオ他)

東南アジア(片道)
  エコノミークラス ビジネスクラス
デルタ航空 レベル1 22,500マイル 40,000マイル
→45,000マイル
(※2019年3月改定)
レベル2 27,500マイル 55,000マイル
レベル3 32,500マイル 65,000マイル
レベル4 37,500マイル 82,500マイル
レベル5 45,000マイル 90,000マイル
レベル6 50,000マイル 110,000マイル
ANA ローシーズン 15,000マイル 27,500マイル
レギュラー 17,500マイル 30,000マイル
ハイシーズン 19,000マイル 31,500マイル

主な航空会社:デルタ航空、ベトナム航空、ガルーダインドネシア航空、チャイナエア、大韓航空、中国東方航空

続いては東南アジアへの特典航空券。これまたデルタ航空は6段階の幅で必要マイル数を定めています。往復の必要マイル数の組み合わせは21通りです。こちらも、例えば「日本ーシンガポール」往復のビジネスクラス特典航空券で考えてみると…

最小必要往復マイル数…45,000+45,000=90,000マイル
最大必要往復マイル数…110,000+110,000=220,000マイル

なんとシンガポールとのビジネスクラス往復に最低でも90,000マイル最大220,000マイルも必要になるわけです。ちなみにANAなら往復最大63,000マイルで行けるわけですから、その差は最大で150,000マイル以上! デルタ航空の必要マイル数だけおかしなことになってませんかーー!?\(^o^)/

マスゴミマイラー
そして!次はみんなが最も気になる…ハワイ路線ですよ!これがえらいことになってるんです…(T_T)

デルタ航空特典航空券 必要マイル数【ゾーン4】 ハワイ

マスゴミマイラー
さあ…問題のハワイ行きの特典航空券ですが…正直なところこれが現在測定不能です\(^o^)/

ハワイ(片道)
  エコノミークラス ビジネスクラス
デルタ航空 レベル1 30,000マイル 60,000マイル
レベル2 43,000マイル 80,000マイル
レベル3 57,500マイル 100,000マイル
レベル4 70,000マイル 130,000マイル
レベル5 85,000マイル 155,000マイル
レベル6 185,000マイル
ANA ローシーズン 17,500マイル 30,000マイル
レギュラー 20,000マイル 32,500マイル
ハイシーズン 21,500マイル 34,000マイル

ハワイ(片道)
  エコノミークラス ビジネスクラス
デルタ航空 測定不能 30,000マイル〜90,000マイル 60,000マイル〜340,000マイル
ANA ローシーズン 17,500マイル 30,000マイル
レギュラー 20,000マイル 32,500マイル
ハイシーズン 21,500マイル 34,000マイル

主な航空会社:デルタ航空、大韓航空

続いてはみんな大好き、ハワイへの特典航空券なんですが…ヤバいです、ただただヤバいです\(^o^)/ 少し前まではデルタ航空はエコノミークラスで5段階、ビジネスクラスでは6段階の幅で必要マイル数を定めていました。ですが、2019年の9月頃には必要マイル数が爆上がりしているのを確認。その後もいろいろと調査を続けたのですが、もう5〜6段階どころではない騒ぎで必要マイル数が変動しており、詳細不明・測定不能という結果になってしましました…すいません(^_^;)

ただし、現状の最小必要マイル数、最大必要マイル数は把握していますので、そこは算出しておきますね。「日本ーハワイ」往復のビジネスクラス特典航空券を見てみますと…

最小必要往復マイル数…60,000+60,000=120,000マイル
最大必要往復マイル数…340,000+340,000=680,000マイル

ハワイとのビジネスクラス往復には最低120,000マイル最大680,000マイルも必要になるわけです。いやいや、ハワイ往復に680,000マイルですよ!!ANAなら繁忙期でも往復最大68,000マイルその差はまさかのちょうど10倍!\(^o^)/ デルタ航空でハワイに1回往復できるマイル数で、ANAならハワイ往復10回できるんですよ!むむむむーーーーー\(^o^)/

そしてちなみになんですが、2019年5月24日からは、ANAはついにハワイにファーストクラスを飛ばしております!総二階建ての巨大飛行機A380がいよいよ就航するんです。そのファーストクラスに必要なマイル数は…最大129,000マイルです。デルタ航空のおよそ1/5のマイルでANAならファーストクラスに乗れちゃうんですよね…そりゃファーストクラスに乗りたいでしょ!\(^o^)/

そんなANAファーストクラスのことは「【2019年最新】ANA A380ファーストクラスでハワイ・ホノルルへ行こう!値段&ツアーは?予約開始で必要特典マイル数も決定!」で徹底解説してますので気になる方はぜひ!

2019年春、ついにANAの総2階建て旅客機A380がハワイ・ホノルル路線に就航します!いよいよ予約開始。就航スケジュール、値段や特典航空券の必要マイル数も決定しました!ANA初!憧れのハワイに憧れのファーストクラスで行こう!誰でも可能なその方法をお教えします!

そして実際にANAのファーストクラス乗ってきましたよ!行き先はハワイ…ではなくワシントンDCですが(^_^;) 最高の体験ができましたのでぜひ「感激!ANAファーストクラス搭乗記!CAさんに惚れました…機内食&アメニティも完全レビュー」を読んでみてください!

「ANAファーストクラスで行く!週末弾丸MLB観戦記」第3弾はついにワシントン行きNH2便ファーストクラス搭乗記です!人生で一番素晴らしい空の旅でした。座席・機内食・アメニティ・トイレ・パジャマ…そして何よりCAさんの対応に大感激!陸マイラー活動の真骨頂がココにありました!

想定ではなく、実際のハワイ・ホノルル便の必要マイル数は?実数調査

でも、実際のところ「この680,000マイルも必要な日ってそんなに設定されてるの!?」とお思いの方もいるでしょう。実際に調べてみると…まあ必要マイル数に落差がすごいでですね(^_^;) 2020年の3月〜5月の必要マイル数カレンダーはこんな感じ。

【2020年2月23日〜3月28日】

【2020年3月29日〜4月2日】

【2020年4月3日〜5月6日】

デルタ航空ビジネスクラス特典航空券必要マイル数(全105日)
50万マイル〜60万マイル台 12日(約11.4%)
20万マイル〜40万マイル台 50日(約47.6%)
10万マイル台 38日(約36.2%)
予約不可 5日(約4.8%)

正直2月〜3月は、ハワイ・ホノルル便の閑散期とも言えると思うんですが、それでも680,000マイルが必要な日が設定されていますね…厳しい!

ですが以前よりは改善されていて、10万マイル台で行ける日も多くありますよ!実はこれにはわけがありまして…以前は検索で引っかからなかった中国東方航空を使った特典航空券(つまり中国経由便)が検索できるようになったんですよね。なので、ホノルル直行便ではないマイル数の少ない便が多数出現するようになったんです。

※ただし、まだ運用が不安定で、12万マイルで行ける日を選んでも、実際には片道はデルタ航空直行便の利用しかできず、その結果マイルが増えるような現象も起こっています。また中国東方航空の特典航空券はおそらく2席までしか開放されていないので利便性は高くないですね。

正直、ホノルル行きのデルタ航空の直行便を調べたい人にとっては不便な改悪。ですが、経由でもなんでもより少ないマイルでハワイに行きたい人にとっては改善・朗報ですね!

マスゴミマイラー
そして!デルタ航空の良い面も見えてきたと思います!それはいつでもハワイ・ホノルル便の予約ができること!しかも出発日を1日ずらすだけで、必要マイル数が50万マイルも減る可能性もあります!笑

通りすがり
それでもこのマイル数は…目標にするには辛いよ…苦笑

そんなあなたは、僕と同じように「すべて解決!日本一簡単な陸マイラーとは?デルタを捨ててANAマイルを貯めよう!」を始めましょう(^_^;) ハワイに行くならぜひ「【最強の陸マイラーの始め方】最速でハワイに無料ビジネスクラスで行く方法を完全解説!」も読んでみてほしいです!

2020年に必須!初心者でも簡単な陸マイラーの方法「TOKYUルート」を完全解説!これさえ読めば、陸マイラーが初めてのあなたでも、すぐに実践可能に!ソラチカルート閉鎖も気にする必要なし!これで年間20万ANAマイルを貯めちゃいましょう!

陸マイラー活動を通じてビジネスクラスでハワイへ!誰もがあこがれる旅行を最短で実現できる方法をロードマップ的に完全解説しました!これが今できる最強の陸マイラーの始め方。あなたも半年後には14万ANAマイル以上が手に入る方法…保存版です!

またハワイに行く航空会社はデルタ航空で大丈夫なの!?という方は「【最新版】ハワイ行きオススメの飛行機は?デルタ航空 vs 全航空会社 座席比較表」をご覧いただければ参考になるかと思いますーー!

ハワイに行くならどの航空会社がオススメ?LCCもハワイ路線に参入し、ますます熾烈な争いが繰り広げられる中、一番快適な座席はどの航空会社なのか?デルタ航空は大丈夫⁉︎ 2020年アツいのは大韓航空⁉︎ビジネスクラス、エコノミークラス、すべてを徹底比較&解説!完全保存版です!

デルタ航空特典航空券 必要マイル数【ゾーン5】 北米
(アメリカ・カナダ)

北米(片道)
  エコノミークラス ビジネスクラス
デルタ航空 レベル1 35,000マイル 80,000マイル
レベル2 40,000マイル 95,000マイル
レベル3 50,000マイル 105,000マイル
レベル4 65,000マイル 125,000マイル
レベル5 80,000マイル 130,000マイル
レベル6  95,000マイル 160,000マイル
レベル7 170,000マイル
レベル8 200,000マイル
レベル9 225,000マイル
レベル10 240,000マイル
レベル11 275,000マイル
レベル12 375,000マイル
ANA ローシーズン 20,000マイル 37,500マイル
レギュラー 25,000マイル 42,500マイル
ハイシーズン 27,500マイル 45,000マイル

北米(片道)
  エコノミークラス ビジネスクラス
デルタ航空 測定不能 22,000マイル〜120,000マイル 85,000マイル〜360,000マイル
ANA ローシーズン 20,000マイル 37,500マイル
レギュラー 25,000マイル 42,500マイル
ハイシーズン 27,500マイル 45,000マイル

主な航空会社:デルタ航空、大韓航空、チャイナエア、中国東方航空

こちらもハワイ・ホノルル路線に続いて、最近は必要マイル数が変動しており、詳細不明・測定不能という結果になってしましました…すいません(^_^;) ただし、エコノミークラスに関しては、実は以前よりも必要マイル数が減っています。また最近はデルタ航空特典航空券のフラッシュセールも行われていて、たとえば2019年1月〜3月にかけては、なんと北米片道15,000マイルというスーパーセールチケットも出ました。デルタ航空はデルタ航空なりに頑張っています\(^o^)/笑

で、現状の最小必要マイル数、最大必要マイル数は算出しておきましょう。「日本ー北米」往復のビジネスクラス特典航空券を具体的に見てみますと…

最小必要往復マイル数…85,000+85,000=170,000マイル
最大必要往復マイル数…360,000+360,000=720,000マイル

「日本ー北米」ビジネスクラス往復には最低170,000マイル最大720,000マイル!!でもハワイ・ホノルル路線に比べると、その距離で換算したら「まあこんなもんかな」と思わせられるのがすごいですね(^_^;)

正直、デルタ航空のマイルを何も知らずに貯めてきた方(※僕も含めてです…涙)にとっては、それはそれはショックなデータの連続かもです…。でもココから先、ゾーン6からは少しだけ明るいデータもあります。さあ一気にいきましょう!

デルタ航空特典航空券 必要マイル数【ゾーン6】 オセアニア
(オーストラリア・ニュージーランド)

オセアニア(片道)
  エコノミークラス ビジネスクラス
デルタ航空 35,000マイル 65,000マイル
ANA ローシーズン 18,500マイル 32,500マイル
レギュラー 22,500マイル 37,500マイル
ハイシーズン 25,000マイル 40,000マイル

主な航空会社:大韓航空、チャイナエア、中国東方航空、ベトナム航空、ガルーダインドネシア航空

デルタ航空特典航空券 必要マイル数【ゾーン7】 南アジア・中東
(インド・モルディブ・ネパール・UAE・カタール・イエメン他)

南アジア・中東(片道)
  エコノミークラス ビジネスクラス
デルタ航空 40,000マイル 70,000マイル
ANA
(南アジア)
ローシーズン 15,000マイル 27,500マイル
レギュラー 17,500マイル 30,000マイル
ハイシーズン 19,000マイル 31,500マイル
 ANA(中東) 35,000マイル 55,000マイル

主な航空会社:エールフランス、KLMオランダ航空、アエロフロート、チャイナエア、大韓航空

ゾーン6&7をご覧いただけるとわかると思いますが、ゾーン7の特に中東路線は、韓国路線に次ぐデルタ航空のお得路線になります(ほんとに何度も言いますが、ANAと比べると全くもってお得ではないですが!)。デルタ航空のビジネスクラスで最大往復140,000マイル、それがANAだと往復110,000マイル!差はわずか30,000マイル!!こんな30,000マイルなんて誤差は、デルタ航空にとって、ないに等しいでしょう!!\(^o^)/ だってハワイ・ホノルル路線の差は600,000マイル以上ですからねーーー、はっはっはっ…(T_T)涙。 30,000マイルってそれなりに大きいはずなんですが、感覚がおかしくなってきます。笑

ちなみにANAの中東路線にはシーズン区分がありませんが、これはANAの自社便がないためです。スターアライアンス加盟の他社便を使用することになります。このあと出てくる、南米路線やアフリカ路線もこの設定です。

デルタ航空特典航空券 必要マイル数【ゾーン8】 ヨーロッパ・アフリカ

ヨーロッパ・アフリカ(片道)
  エコノミークラス ビジネスクラス
デルタ航空 50,000マイル 90,000マイル
(ヨーロッパ)
70,000〜
90,000マイル

(アフリカ)

ANA
(ヨーロッパ)
ローシーズン 22,500マイル 40,000マイル
レギュラー 27,500マイル 45,000マイル
ハイシーズン 30,000マイル 47,500マイル
ANA(アフリカ) 35,000マイル 55,000マイル

主な航空会社:エールフランス、KLMオランダ航空、アリタリア航空、アエロフロート、大韓航空、チャイナエア、ケニア航空

ヨーロッパに行くのも、デルタ航空はまだオススメな方ですね!必要マイル数はもちろんANAと比べるべくもないんですが(ヨーロッパ往復でデルタ180,000マイル、ANA最大95,000マイル)とにかくデルタ航空が加盟するスカイチームはヨーロッパ行きの路線が豊富!航空会社の選択肢として「フランス・エールフランス」「オランダ・KLMオランダ航空」「イタリア・アリタリア航空」「ロシア・アエロフロート」と4つの欧州主要キャリアが揃ってますので、旅程は組みやすいです!

2020年1月21日更新】とにかくお得なアフリカ路線!

マスゴミマイラー
そしてなんといってもアフリカ路線!2020年1月現在、デルタ航空の特典航空券ではココが完全にスイートスポット…超絶狙い目なんです\(^o^)/

そうなんです!デルタ航空の特典航空券では、とにかくアフリカ行きがめちゃくちゃお得です!アフリカまでは基本的にはエールフランスを使ったパリ経由便が多いんですが、なぜかパリに向かうよりも、パリ経由のアフリカ行きの方が必要マイル数が少ない路線まであるんです!!

関空ーパリの特典航空券必要マイル数

具体的に見てみると、2020年3月の「関空ーパリ」の往復ビジネスクラスの特典航空券の必要マイル数は…

「関空ーパリ」ビジネスクラス:180,000マイル

ですね!この便はどの日程で見ても、空きがあれば180,000マイルで表示されます。では、この同じ便を使ってパリ経由のアフリカ行きになるとどうなるのか?

関空ーパリーカサブランカの特典航空券必要マイル数

まずは、アフリカ旅行初心者なら絶対おすすめ!モロッコ・カサブランカ往復の「関空ーパリーカサブランカ」のビジネスクラス必要マイル数を見てみると…

「関空ーパリーカサブランカ」ビジネスクラス:180,000マイル

なんと全く同じ180,000マイルで、モロッコ・カサブランカまで飛べちゃいます!パリからカサブランカまでおよそ3時間のフライトももちろんビジネスクラスです。しかもなんなら少し諸経費も安くなってます(^_^;)

関空ーパリーヨハネスブルグの特典航空券必要マイル数

続いては、アフリカでも最南端!ゲームサファリなんかも楽しめる南アフリカ共和国!「関空ーパリーヨハネスブルグ」の往復ビジネスクラス必要マイル数を見てみると…

「関空ーパリーヨハネスブルグ」ビジネスクラス:160,000マイル

まさかのマイル数減少!なんと160,000マイルで、最果ての地・南アフリカ共和国までいけちゃうんですよ!パリからヨハネスブルグまでは飛行時間は10時間40分!これが加わってもななぜかマイル数は20,000マイルも減少するんです!諸経費はさらに安くなります!

ちなみにこの「パリーヨハネスブルグ」のAF990便は総2階建ての世界最大の旅客機A380です。エールフランスのA380のビジネスクラスがこのマイル数で堪能できるのは正直めちゃくちゃにお得です\(^o^)/

関空ーパリーカイロの特典航空券必要マイル数

そしてさらに驚きの路線があるんです!それがエジプト・カイロ路線!「関空ーパリーカイロ」の往復ビジネスクラス必要マイル数を見てみると…

「関空ーパリーカイロ」ビジネスクラス:140,000マイル

なんとさらに必要マイル数は40,000マイルも減って、140,000マイル!なぜなんだーーー\(^o^)/笑 2020年1月現在、デルタ航空の特典航空券で圧倒的にお得なのは、このエジプト・カイロ路線だと思われます!ピラミッド見に行っちゃいましょう\(^o^)/

デルタ航空特典航空券 必要マイル数【ゾーン9】 メキシコ

メキシコ(片道)
  エコノミークラス ビジネスクラス
デルタ航空 レベル1 50,000マイル 90,000マイル
レベル2 65,000マイル 115,000マイル
レベル3 80,000マイル 140,000マイル
レベル4 100,000マイル 170,000マイル
レベル5 115,000マイル 215,000マイル
ANA ローシーズン 20,000マイル 37,500マイル
レギュラー 25,000マイル 42,500マイル
ハイシーズン 27,500マイル 45,000マイル

主な航空会社:デルタ航空、アエロメヒコ

デルタ航空特典航空券 必要マイル数【ゾーン10】 南米

南米(片道)
  エコノミークラス ビジネスクラス
デルタ航空 レベル1 60,000マイル 100,000マイル
レベル2 70,000マイル 130,000マイル
レベル3 90,000マイル 16,0000マイル
レベル4 105,000マイル 185,000マイル
レベル5 125,000マイル 237,500マイル
ANA 45,000マイル 71,500マイル

主な航空会社:デルタ航空、アルゼンチン航空

最後は、メキシコおよび南米路線もご紹介しておきますね。北米路線の驚愕の数字を目にしたあとだと、「ブラジルまで最大片道25万マイル切るのか!意外といいな」となるかもしれませんが、冷静に考えて、まーそんなことは絶対にないですね、はい\(^o^)/

スポンサーリンク

せめて知りたい!デルタ航空・特典航空券のお得な路線は?

デルタ航空の特典航空券・おすすめ路線 & 国内線はないの?

いやー、改めてこうやって表にまとめていくと僕が10年かけて必死にデルタ航空のスカイマイルを貯めていたことが、ほんとに悔しくてなりません\(^o^)/笑 10年間、汗水流して稼いだお金で、ほんとにコツコツコツコツ貯めたデルタ航空100万マイルが、なんと日本ー北米ビジネスクラスの往復でその大半がなくなってしまうかもしれないなんて!!\(^o^)/お願いだから誰か僕を励ましてくれーーーー\(^o^)/笑

でもやっちまったことはもうしょうがない!!せめてポジティブな結論をひねり出しましょう!\(^o^)/デルタ航空スカイマイルの特典航空券、オススメ路線をひねり出すとすると…やはりさきほども書きましたアフリカ路線!特にエジプトカイロ行き!これで間違いないです!ということになるんですが、なかなかアフリカ行きって時間的にも精神的にもハードル高いですからね…(^_^;)

初心者向け…デルタ航空の特典航空券・マイルを使うならこの路線だ!「台北行き」「上海行き」がオススメ

というわけで、実際に何度もデルタ航空の特典航空券を発券してきたボクが、2020年1月現在、初心者でも実践的に使える一番オトクな路線を発表しましょう!

マスゴミマイラー
初心者に一番のオススメは「日本ー台湾・台北」(チャイナエア使用 エコノミー往復35,000マイル ビジネス往復60,000マイル)、もしくは「日本ー中国・上海」(中国東方航空使用 エコノミー往復35,000マイル ビジネス往復60,000マイル)」。これで決まり!

上記の2路線を選んだ理由は3つ! まず「①観光先として十分楽しめる」。しかも「②必要マイル数はデルタ航空にしてはかなり少ない」です。そして「③数ヶ月先の予約なら、夏休みでもお盆でも取り放題」です\(^o^)/

実際に2019年8月お盆の時期の「東京ー台北」エコノミークラスを調べてみると…

はい、どうぞ好きなだけ予約しちゃってくださいーー\(^o^)/

さらに2019年8月お盆の時期の「東京ー台北」ビジネスクラスは…

はい、もってけドロボー\(^o^)/笑

正直、ANAのマイルならこんなに取り放題の路線は存在しません。ましてお盆の特典航空券なんて夢のまた夢。そういう意味で、実はデルタ航空のマイルは使い方によってはANAより便利になるんですよね。

しかも、このエコノミークラスの必要マイル数35,000マイルというのは、デルタマイルを集めるのに必須のクレジットカード「デルタアメックスゴールド」を発行するだけで必ずもらえます。デルタアメックスゴールドを発行するだけで、台湾行きのチケットを無料でGETできるというわけですね\(^o^)/

デルタ航空に乗る方は全員デルタアメックスゴールドを作らないと損しちゃいます!お得でメリットいっぱいのデルタアメックスゴールドカードの魅力を徹底解説!SFC修行をする方にとっても魅力満載。必見です!

デルタ航空の特典航空券・マイルは国内線でも使える!ただしスカイマークのみ

ちなみに実はデルタ航空のスカイマイルで国内線の発券もできます。航空会社はANAでもJALでもなく、スカイマークのみ。そしてなぜか、このスカイマークの特典航空券の発券に関してのみ、公式ホームページのこちらに詳細が掲載されています。必要マイル数と対応路線もしっかり掲載されていて、やたらと親切でめちゃくちゃ詳しいです(^_^;) このスカイマークによる国内線の発券も悪くない選択肢じゃないでしょうか。

デルタ航空のスカイマーク国内線往復発券マイル一覧
15,000マイル 羽田ー神戸
神戸ー鹿児島
神戸ー長崎
神戸ー那覇
神戸ー茨城
福岡ー那覇
20,000マイル 羽田ー新千歳
羽田ー那覇
羽田ー鹿児島
羽田ー福岡
羽田ー長崎
茨城ー新千歳
中部国際セントレアー新千歳
中部国際セントレアー那覇
神戸ー新千歳

デルタ航空の特典航空券・実はスカイチーム他社便がお得!

で、もうひとつ、お知らせしないといけないことがあります。しかもかなり重要なことです。実はデルタ航空の謎に多いレベル分け・マイルの変動性ですが、これはデルタ航空自社便にのみ適用されます!ここまでの各ゾーンの必要マイル数をご覧になってお気づきになった方もおられるかと思いますが、レベル分けが設定されているのは、デルタ航空自社便が飛んでいる路線のみです。

ですが、デルタ航空と同じスカイチームの他社便にももちろんマイルを使って乗ることは可能です。で、そのスカイチームの他社便に搭乗するときは、デルタ航空の設定している「レベル1」の必要マイル数で、特典航空券を発券できてしまうんです。だからさきほどのオススメ路線「台北行き」「上海行き」はエコノミークラス35,000マイル固定だったんですね。

同じことがヨーロッパ行きでも適用されます。「KLMオランダ航空」や「エールフランス」を使った特典航空券なんかも、固定で使いやすいですね!

そのあたりの詳細は「【提携航空会社の特典航空券を極める方法】JALマイルは改悪!でもデルタ航空スカイマイルは提携がとにかくお得!」に書いておきましたので、気になる方はどうぞーー\(^o^)/

JALの提携航空会社を使った特典航空券の必要マイル数が2018年11月20日から改悪されるニュースが流れました。ですが、デルタ航空の提携航空会社を使った特典航空券はとにかくお得って知ってました?デルタ航空スカイマイルでチャイナエアに乗るのがオススメですよ!

まあ、なんとも不思議な制度に感じますが、これはデルタ航空曰く、デルタ航空自社便の特典航空券枠は他社よりもかなり多くとっているからだそうです。つまり、レベル1の最低必要マイル数の特典航空券枠は、デルタ航空もスカイチームの他の航空会社も、若干数しか用意していません。でもこの枠はすぐに埋まってしまいます。「全然、特典航空券がとれないじゃないか!」という怒りの声があがります。それはまずい…ということで、せめてデルタ航空自社便については「本来用意していない特典航空券枠だけど、たくさんマイルを支払うことでその枠を増やしてあげるよーー」という理論だそうです。

なるほど!\(^o^)/とは正直僕はなりませんでしたが(笑)、通常の何倍ものマイルを支払えば、特典航空券をどんどん出すよというデルタ航空の考え方なわけですねー。

注意!大韓航空の特典航空券はデルタ航空スカイマイルで取りづらい!

【2017年11月追記】

そしてここまで読んできて、こんな疑問を思う方がいるかもしれません。

通りすがり
台北行きのチャイナエアや、上海行きの中国東方航空がおすすめなら、韓国ソウル行きの大韓航空もいいんじゃないの!?

確かに!必要マイル数も少ないですし、大韓航空ソウル行きは便利そうですよね!ですが、実は大韓航空の特典航空券に関する残念な情報をTwitterでいただきました…。

はい、僕と同じくデルタ航空スカイマイルを100万マイル以上貯められた、いや僕とは比較にならないくらいスカイマイルを貯められた(!)という、日本とタイのパラレル生活を送っておられるPastelcolorさんからの衝撃的な情報です…。なんとデルタ航空スカイマイルを利用しての大韓航空ビジネスクラスの開放枠はわずか1席だとおっしゃられるんです…。まさか!?確かに2席検索しても全然出てこないなーとは思っていたんですが…。

早速気になって、デルタ航空に問い合わせてみました。結果…そのとおりでしたーーー\(^o^)/ しかも大韓航空運航の全路線対象です!!デルタ航空の数少ないオススメ路線で書いていた「日本ーソウル」をはじめ、すべての大韓航空の開放枠は、ビジネスクラス1席のみ、エコノミークラスですら2席のみ。夫婦そろってビジネスクラスはもちろん不可能ですし、エコノミークラスで子どもを含めての3人以上の特典航空券発券はムリなんですよ…。

ちなみに、大韓航空以外の主な航空券(エールフランス、KLM、中国東方航空など)は、今のところビジネスクラス2席以上の発券が可能です。4席以上いける路線もあるみたいなので、家族旅行でビジネスクラスという方は、そちらで発券しましょう!!

スポンサーリンク


こんな手段も!デルタ航空スカイマイルをJCB国内旅行クーポンに交換できる!

どの特典航空券にするにも迷う…しかもおすすめ路線に使うようなマイルもなかなか貯まらない…。そんな方にはこんな方法もありますよ。デルタ航空スカイマイルはJTB国内旅行クーポンに等価交換が可能です。ただし単位は1万単位から!つまり…

10,000スカイマイル = JTB国内旅行クーポン10,000円

ということになります。ただし条件がいくつかあるんですよね。詳細は「デルタアメックスゴールドの年会費以上に得をする!意外と知らないJTB国内旅行クーポンへの交換方法 」を読んでいただくのがいいかなと思います。要は「デルタアメックスゴールド」というクレジットカードを発行してしまえば、JTB国内旅行クーポンに交換可能です。ただし年間30,000マイル=30,000円までという上限があります。

デルタ航空のスカイマイルってJTB国内旅行クーポンに交換できるって知ってました?10,000マイルが10,000円分の旅行クーポンに!この方法を使えば、デルタアメックスゴールドカードの年会費以上に、得ができるということ!おすすめかつお得な方法をマスターしましょう!

ちなみに「デルタアメックスゴールドカード」は、裏技を使えば、カードを発行するだけで最大52,000マイルももらえる方法があります\(^o^)/ カードの年会費は税別26,000円ですが、JTB国内旅行クーポンに交換するなら、すぐに元がとれちゃいます!。いつ改悪されるか分からない方法ですので、気になる方はいますぐ下記記事をチェックしてみてくださいね!

デルタ航空に乗る方は全員デルタアメックスゴールドを作らないと損しちゃいます!お得でメリットいっぱいのデルタアメックスゴールドカードの魅力を徹底解説!SFC修行をする方にとっても魅力満載。必見です!

【2018年12月6日追記】 ちなみに…なんと2018年12月6日、JAL特典航空券の必要マイル数が大改悪されました!デルタ航空特典航空券の必要マイル数がべらぼうに多い話を散々してきましたが…JALもほぼ変わらないことに!それどころかお盆やゴールデンウィークはデルタ航空の方が便利でお得になりました!信じられません! ということはですよ…マイルを貯めにくいJALよりも、デルタ航空スカイマイルを貯める方が絶対おすすめになったのです!詳細は「【朗報】2018年12月 デルタ航空特典航空券がJALよりお得に!? 必要マイル数改悪でハワイ旅行はJALよりデルタ!」に書きましたので、ぜひ読んでみてください\(^o^)/

今後ANAもJALに追随する可能性が十分に考えられます。相対的にデルタ航空のマイル価値がどんどん上がってます。今、デルタ航空スカイマイルが熱いですよ!

「JAL国際線特典航空券plus」が12月4日からスタート!その結果、デルタ航空スカイマイルの価値がJALを上回るというまさかの結果に!? 2019年のハワイ・ホノルル行きでJALとデルタ航空の特典航空券を徹底比較!今貯めるべきマイルはデルタ航空に決まり!

スポンサーリンク

まとめ ANAマイルを今すぐ貯めよう!デルタ航空スカイマイルはサブでOK!

ということで、結論。結局一番いいのは、もしあなたがメインでデルタ航空のマイルを貯めているとすれば、それはいったん置いておいて、ANAマイルを貯め始めることです!デルタ航空のスカイマイルは、現状でも必要マイル数は他社と比べると圧倒的に不利なのに、このあといつ改悪が行われるかが一切わかりません。事前告知すらされないのです。今すぐ、今日からでもANAのマイルを貯め始めましょう!クレジットカードでマイルを貯める時代は実は終わったんです。

ANAのマイルなら、こちらに書いた「すべて解決!日本一簡単な陸マイラーとは?デルタを捨ててANAマイルを貯めよう!」という方法で、誰でも年間20万マイルは貯められるんですから\(^o^)/そして、デルタ航空のスカイマイルはこつこつサブで貯めればいいのです!

2020年に必須!初心者でも簡単な陸マイラーの方法「TOKYUルート」を完全解説!これさえ読めば、陸マイラーが初めてのあなたでも、すぐに実践可能に!ソラチカルート閉鎖も気にする必要なし!これで年間20万ANAマイルを貯めちゃいましょう!

今とにかく話題の陸マイラー活動。毎年誰でもANAマイルが200,000マイル貯まるということで、どんどん人気が広がっています。ただ全くの初心者には少しややこしいのも事実。一度「陸マイラー活動」を読んでも理解できなかった…そんな方のためのお試し陸マイラー方法をご紹介します!

陸マイラー活動をはじめたばかりのあなた!これから始める予定のあなたも必見。陸マイラー初期にまつわる疑問に答えてみました!「実際にボクが3ヶ月間でこなした案件」から「お得な案件の見つけ方」、「最適な陸マイラースケジュール」まで大公開!これを読めばあなたもベテラン陸マイラー!

ただし、デルタ航空にこのあと乗る予定がある方なら、千載一遇のチャンスです\(^o^)/ デルタアメックスゴールドカードを発行して、デルタ航空のスカイマイルを貯めておきましょう。デルタアメックスゴールドカードを使うことで、一気にお得にマイルが貯まる可能性も秘めています。たとえば…

これから半年以内にハワイ行きのエコノミークラスに乗る予定の方:最大81,966マイルゲット & 無料でプレミアムエコノミークラスへアップグレード & ビジネスクラスラウンジ無料使用
これから半年いないにハワイ行きのビジネスクラスに乗る予定の方:最大150,498マイルゲット

こんな可能性だってあるのです!\(^o^)/ そしてデルタアメックスゴールドを発行するだけで、次のような衝撃的なメリットの数々! 正直発行しないほうが大損する、すごいクレジットカードになっています!

 【デルタアメックスゴールドカードのメリット実体験】

  1. 年会費税別26,000円を越える、30,000円以上の国内旅行クーポンを必ずゲットできる
  2. これからデルタ航空に乗るなら、いきなり最大でハワイ往復エコノミークラスのチケット分のマイルがもらえる
  3. あこがれの航空会社上級会員「ゴールドメダリオン」にいきなりなれる!空港で待たずに優先搭乗!飛行機に預ける荷物の量も倍増!
  4. さらにビジネスクラスラウンジに無料で入り放題!しかもエールフランスやKLMオランダ航空、大韓航空などでもOK!
  5. 42,000円〜78,000円もする、プレミアムエコノミークラスに無料で2人分アップグレードも可能に!

ね? ほんとにお得なメリットでいっぱいでしょ?。しかも上記のメリット以外にもほんとにたくさんのお得体験ができるんです!詳細は「8年使って分かった!デルタアメックスゴールドカードの魅力・メリットを徹底解説!」「【改悪の影響なし!?】デルタアメックスゴールドは1年お試しで発行しよう!」にまとめてあります。まだ読まれていない方はぜひご一読をーー!\(^o^)/ とにかく繰り返しになりますが、デルタ航空に搭乗予定の方は、すでにチケットを購入してしまったという方も含めて、発行しないと大損ですよー\(^o^)/

デルタ航空に乗る方は全員デルタアメックスゴールドを作らないと損しちゃいます!お得でメリットいっぱいのデルタアメックスゴールドカードの魅力を徹底解説!SFC修行をする方にとっても魅力満載。必見です!

2018年6月26日からデルタアメックスゴールドが改悪!? いや実は新規でデルタアメックスゴールドを作る予定なら、改悪の影響は基本的に受けません!むしろ今がデルタアメックスゴールドをお得に発行できるラストチャンス?その理由を徹底解説!

そして!JALもANAもマイルが2.5倍貯まる!? 超絶オススメのクレジットカードがこれ!!

そして、デルタ航空に乗る人も、そうじゃない人も、とにかく旅行好きなら超絶お得なのがこちらのクレジットカード「SPGアメックス」です!僕がこのSPGアメックスのおかげで1年間に受けたメリットは…

メリット①:関空ー台北・関空ーソウルのJALビジネスクラスにJALカードより5倍もお得に搭乗可能!

メリット②:ハワイのワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパで7泊8日の無料スイートルーム宿泊

メリット③:3連休にディズニーランドへ!シェラトン・グランデ・トーキョーベイに無料宿泊

メリット④:ハワイのシェラトンワイキキホテル、韓国のウェスティン朝鮮ソウルを激安で予約して、スイートルームにアップグレード

などなど、他にも数え切れないほどのお得な体験をしました!ほんまかいなー?と思ったあなた!詳しくは『SPGアメックスで100万円分得した方法を大公開!』を見てみて下さい! ほんとにほんとにオススメのクレジットカードで、僕はSPGアメックスカードを発行したおかげで1年間で160万円は得をしたと思っていますーー\(^o^)/ だまされたと思ってぜひーー!!

今飛行機&ホテル好きで最も話題のクレジットカード「SPGアメックス」。2018年9月に改悪…!? いえいえそれでもお得なんです!なんと年会費3万円そこそこで100万円分は得をしました!無料でスイートルームにアップグレード、JALビジネスクラスにも搭乗!その記録を大公開します!

「私、実はマイルなんて貯めたことない…」そんな女優さんに教えた実話。初心者向けマイレージ解説

ちなみに「マイルって何?マイレージってどういう意味?」という方や「今までマイルなんて貯めたことがない!」という方は「【ある女優さんとの実話】ANAマイルを貯めないと大損! 超初心者が知っておきたいマイレージに関する7つのコト 」もどうぞ。海外旅行が大好きなのに、皆さんと同じようにマイルを貯めたことがないと豪語していた、とある若手女優さん。そんな彼女に「マイレージとはなんぞや」を教えた実話を元にした「初心者向けマイレージ解説」ですー\(^o^)/

マイルを貯めたいけれどどうしたらいいか分からない!そもそもマイレージって何なの!?JALとANA、どっちのマイルを貯めればいいの?今まで何度も海外旅行に行ってるのにマイルを貯めてない…そんな初心者に一度読んで欲しい!マイルはこんなに簡単に貯まるんです!ある若手女優さんとの実話を元に解説してみました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Kazu777 より:

    私も30万マイル有り。まだ一度も使ったことなかったのに、ひどい! 昨年までは、UAと同様な改悪で、まあ仕方ないかとあきらめてました。 今度UAマイルでバンコク行くのですが、デルタでも調べたら、なんか変! 往復数十万とか出てくる。ネットサーチで マスゴミマイラーさんのHPにたどり着き、本当に驚愕!! マスゴミさんが良くまとめてくださっているので、感謝です。 

    • マスゴミマイラー より:

      Kazu777さん、わざわざお礼のコメントありがとうございます!ですよね、デルタ航空ちょっとひどいですよねー(^_^;) 少しでも今の現状をデルタ航空マイルを貯めてる方に知ってもらいたいです! そして、ぜひ僕と同じようにANAマイル貯めましょうーー\(^o^)/

  2. KE より:

    大韓航空の羽田金浦間等の特典航空券に変えようとすると、週末(金曜、土曜、日曜)は完全に空席が1年先でも出てきません。これは平日に行って、平日に帰ろという事で、週末に韓国に行けないという事は、そこから先もいけないということです。

    マニュアル上は韓国線に使うのが一番得かとは思いますが、実際は人数制限に曜日制限もかけている大韓航空は利用できないですね。
    最低なマイレッジプログラムです。

    • マスゴミマイラー より:

      KEさん、コメントありがとうございます!そうなんですね、大韓航空の特典航空券はほぼ抑えるのが不可能と考えた方がいいかもですねー…心中お察しします(T_T) ですがものすごく貴重なご意見で、これはこれでありがたいです(^_^;) 僕も懲りずにデルタ航空のマイルは利用していくつもりなんで、KEさんもうまく利用できることを祈っておりますー\(^o^)/

  3. にゃ より:

    陸マイルで30万マイル以上貯まったデルタマイルを消化しようとwebサイトを見ても、サイトの使い勝手が悪すぎて調べていてこちらに行き当たりました。実は先月、我が家でもデルタに見切りをつけてANAカードを申請したところです。きっかけになったのは、家族内でのマイレージのシェアでもかなりの手数料がかかると言う事。それなら格安航空券を買った方がマシだし、そもそも旅行も辞めという話になる程。マイレージなんておまけ位に考えればいいのかもしれませんが、そのマイレージを貯める為に、年会費の高いクレジットカードを保有していたのかと思うと残念でなりません。こちらのサイトでデルタにはしっかり見切りをつける覚悟ができました!

    • マスゴミマイラー より:

      にゃさん、コメントありがとうございます!良かったのか、悪かったのか…お役に立てて幸いです(^_^;) 僕はそれでもデルタ航空のマイルは貯めてしますし、デルタアメックスゴールドは使ってますよ!別の記事のコメントにも回答させていただいたのですが、関西在住者にとってハワイ旅行はANAよりデルタ航空の方が便利なのは事実ですからねー。それに、ニッポン500マイルキャンペーンはそれなりに有り難いので…。にゃさんも、サブででもデルタ航空のマイル、貯められてはいかがでしょう?(^_^;) ANAカードを作られたとのこと、あとはぜひSPGアメックスもご検討してみては?「SPGアメックス」で100万円分得する方法という記事にもしてありますので読んでみてください。本当にオススメのカードなんでぜひー\(^o^)/

  4. はじめ より:

    その昔、ノースからのデルタへ移行された会員です。会員番号の頭が”2”
    私も一時期、無期限を良い事に100万越えていましたが、今は27万ぐらいです。
    以前は、CI,KEで、消化していました。
    CI,KE共、ブラックアウトの日はありましたが、どうにか取れていました。
    KEは、サーチャージャーが無くて良いです。
    CIは、サーチャージャー有。
    さらなる改悪で、さらに目減りしないうちに、使い切りたいと思っています。
    管理人様、皆様のアドバイスをお待ちしています。

    • マスゴミマイラー より:

      はじめさん、コメントありがとうございます!ノースウエスト航空ワールドパークス、懐かしいですね!笑 僕も以前はKE大韓航空をよく利用していたのですが、家族が増えると開放枠の問題でまったくもって使えない代物になってしまいました…。CIチャイナエアラインに関しては、SPGアメックスを利用してブリティッシュエアのaviosを貯めるようになってからは、台湾行きはブリティッシュエアのJAL発券が圧倒的に有利なので、チャイナエアラインももう使わないですね…。ボクにとってデルタ航空スカイマイルは、ANAの運航便がない関空ーホノルル、あとはエールフランス&KLMオランダ航空のヨーロッパ行きが数少ない使い途です。笑  はじめさんのようなベテランマイラーのご意見、ぜひちょうだいしたいので、これからもよろしくお願いいたします!

  5. ここ より:

    初めまして!
    デルタのマイルは全く貯めてない初心者です。
    何度かデルタでハワイに行ってるんですが、ずっと貯めてなかったのでそろそろカードでも作ろうかなーと思ったところなんです。
    ANAのマイルも貯めてるんですが、名古屋ですとハワイ行きはデルタしかないですよねー時間的に。
    友達は東京なのでANAを貯めてるんですが、マイルがなかなか貯まらない!マイルでハワイ行きの予約なんて不可能に近いと言ってます。
    調べてみると、ANAのマイル特典では355日前に予約しないといけないとか、なかなか厳しい様なんです。
    因みに私も友達もおひとり様です。
    デルタのマイル特典の予約は3ヶ月前に取れそうなら私にとってはデルタの方が魅力に感じます。
    海外も年に2度ほどハワイとアジア位なのでアメックスゴールドの年会費も勿体無いかなーと思いますがどうでしょうか?

    • マスゴミマイラー より:

      ここさん、コメントありがとうございます!まずはデルタ航空のマイルですが、貯めていないのは本当にもったいないと思いますよ。ぜひ次にハワイに行かれるときには、デルタアメックスゴールドカードの発行も視野にいれてみてください!詳細は「7年使って分かった!デルタアメックスゴールドカードの魅力・メリットを徹底解説!」に書かせていただきましたが、もしエコノミークラスで行かれる予定であれば絶対に損はしないと思います!ビジネスクラスラウンジが行きも帰りも使える上に、時期にもよりますが、おひとり様ならプレミアムエコノミークラスへのアップグレードの可能性もかなり高いです。これだけで年会費の元はとれますからねー。今のキャンペーンで32,000マイルはゲットして、航空券購入代金が10万円だとすればさらに7,000マイルは貯まりますから、合計およそ40,000マイル。アジアであればエコノミークラス特典航空券が運良く発券できる可能性も十分にありますね。あとはデルタ航空のマイルは有効期限がないので気軽に貯めることもできますし、国内線に乗るたびに「ニッポン500マイルキャンペーン」を使えばデルタ航空のマイルはさらに貯まります。まあデルタアメックスゴールドに関しては、試しに1年使ってみて気に入らなければ解約してもいいかと…(^_^;) 

      ちなみにANAマイル特典は、ハワイに関しては絶望的ですね(^_^;) ボクも関空拠点なんで、ANAのハワイ行きはないですし、次回ハワイもデルタ航空の予定です。ANAマイルはハワイ以外で使うのがいいですねー。というわけで、今後ともどうぞよろしくお願いいたしますー!

  6. ここ より:

    即レスありがとうございます!
    すいません、まだ全部読破してなくて。
    ANAマイルでハワイは無理って書いてありましたね〜やっと読みました(*v_v)
    陸マイラー、ソラチカカード勉強になります。田舎なんでマッサージに通って、ポイント貯まるお店で食事も無理なんですが、他の方法でもポイント貯まるんですね!外食なら毎日してるのに勿体無いなー都会は良いですね〜!
    ハワイは年に1度しか行かないですし、アジア位ならLCCとかで行ってしまうのであんまりマイル気にしたことなかったです。ビジネスラウンジ?友達はプラチナかなんかだけど使ってないようですし、興味もなかったです(笑)ANAマイルは持ってるんですが、消えて行ってました○| ̄|_3年前に苦労して乗り継いで成田からホノルルに行ったのに〜
    こちらに辿り着いた経緯なんですが、スカイマイルが口座ごと売りに出されてて、それで来年はハワイの特典チケット取ろうかなーと思って調べてました。
    口座ごと買うと割安かなーと思いますが。
    取り敢えず、今年の夏のハワイチケットはデルタで買ってしまったので来年をどうするかなーと色々のんびり調べてるところです

    • マスゴミマイラー より:

      なるほど!確かにポイントは地方の方ほど貯まりにくいですが、それでもクレジットカードの発行だけでも毎月コンスタントに1万ANAマイルは貯められますよー。ぜひ実践してみてください\(^o^)/ あと、オークション等でのスカイマイルの口座売買ですが、当然規約違反です。絶対におやめになってください。最悪、マイルの無効やアカウントの停止処分になります。デルタアメックスゴールドを使って、正々堂々スカイマイルを貯めましょう!くれぐれもご注意くださいねー。

  7. ここ より:

    沢山作ったクレジットカードはどうしてるんですか?

  8. JTPF より:

    本当に読んで驚愕!ブログ通りに、spgに乗り換えました。
    感謝感謝です。ありがとうございました!

    • マスゴミマイラー より:

      JTPFさん、コメントありがとうございます!参考にしていただけたみたいで良かったです。SPGアメックスの今後の動向は気になりますが、引き続き新しい情報があれば更新していきますね!よろしくおねがいしますー\(^o^)/

    • ひもきゅー より:

      お世話になります。名古屋拠点なのですが大韓航空スカイパスとデルタスカイマイル使うならどちらが得ですか?台湾・ベトナム等にたまに行くので今までスカイパスに全てマイルをためて今いましたがスカイパスの交換必要マイル数がすごく多いのに気が付きましたのでマイルを貯めるなら今後スカイマイルに変えるか悩んでいます。(ちなみに韓国はほとんど行きません)クレジットカードの無期限ポイントもかなり貯まり今後マイルに変える事も考えているのですが意見を頂けるとR助かります。

      • マスゴミマイラー より:

        ひもきゅーさん、コメントありがとうございます!大韓航空スカイパスですか!正直、ボクは大韓航空のマイルを貯めた経験がなく、あまり詳しくないのでご期待に添えられるかどうか…(^_^;) 印象として、大韓航空スカイパスは「ANAやJALに比べて特典交換必要マイル数は多いが、デルタ航空ほどではない」また「ANAやJALに比べると格段に特典航空券の枠を取りやすい!デルタ航空と比べると?」という認識です。デルタ航空で特典航空券をとられたことはおありでしょうか?デルタ航空と比較して遜色ないのであれば、そのままスカイパスで貯められたほうがいいかと思いますね。あとは、どのクレジットカードのポイントをマイルに替えられるのでしょう?もし、SPGスターポイント等でしたら、ブリティッシュエアラインズやアラスカ航空のマイルに移行というのも選択肢に入れられてもいいかと思います。「【2018年4月更新】マイルもホテルも!今一番人気のクレジットカード「SPGアメックス」で100万円分得する方法 」にそのあたりのことを記事にしております。台湾やベトナムに行かれるなら非常にお得ですね。ハワイ行きも頻繁に考えられるなら…スカイパスは選択肢に残しておかれてもいいかと思いますよーー!

      • ひもきゅー より:

        お返事ありがとうございます。デルタの方が必要マイル数が多いのは驚きでした。有効期限もないしデルタの方が得だと思っていました。ただ名古屋から大韓航空でどこかに行こうとすると基本東京乗り継ぎになりますので直行便のない国に行く場合はデルタよりスカイパスの方が必要マイル数・特典航空券の取りやすさを考えるとお得ということですね?(直行便がある国は基本直行便で行きますので)カードのポイントはダイナースプレミアムデで60万マイル位あります。ANA・イタリア・デルタ・ユナイテッド・大韓航空にマイル移行できますが、特典航空券交換は決局どこの国に行くかでどこにマイル移行するのが得か決まるのですね?基本有効期限以外は大韓航空スカイパスの方がお得と考えてもいいのですね。

        • マスゴミマイラー より:

          デルタ航空はレベル分けがひどいんで、おそらくデルタ航空よりも必要マイル数が多い航空会社はないと思います(^_^;) 大韓航空スカイパスのほうがお得かどうかは、正直スカイパスの特典航空券の予約のしやすさによるかと。デルタ航空は必要マイル数はかなり多いですが、まったく特典航空券が取れないという日は非常に少ないですよ。ポイントはダイナースプレミアムで貯めておられるのですね。たしか年間移行マイル数に制限があったかと思うんですが、ボクはそれが理由でダイナースプレミアムはやめてしまいました。今ではSPGアメックスの虜ですよー!

  9. ふふふ より:

    初めまして!
    デルタはマイルをいくら貯めても特典航空券に交換できないと感じており、マスゴミマイラーさんのブログにたどり着きました。
    ANAとの比較をしてくださっていてとても分かりやすかったです。ありがとうございました。ブログを読んで数字で示していただけてすっきりしました。
    今年はデルタを予約してしまいましたが、私もすでにSPGカードを昨年から持っているので、来年からはデルタ以外でハワイに行きます!(笑)でもANAは上級会員以外だとビジネス取りにくいですよね?A380が就航したら我々下級マイラーで特典航空券をとれるようになるのでしょうか?それでもきびしいですかねー?
    デルタよりまだハワイアンのほうが少ないマイルで特典航空券とれるかなと思っているのですが、いかがでしょうか?
    まだ全部のブログを読破していませんが、楽しみに読ませていただきます!ブログ応援しています!

    • マスゴミマイラー より:

      ふふふさん、コメントありがとうございます!ブログの内容、喜んでいただけたみたいでボクも嬉しいです\(^o^)/ ANAのハワイ行きビジネスクラスですけど、A380が就航しても取りにくいのは変わらないと思いますねー。もちろん多少確率はあがるんでしょうが(^_^;) ちなみにボクはANAダイヤモンドメンバーですが、現状一切ハワイ行きはとれる気しません!\(^o^)/笑 おそらくA380が就航して多少改善してくれればいいんですがねー(^_^;) 

      ハワイアンのマイル、どうでしょうかねー。ハワイアン航空の特典航空券必要マイル数は、デルタほどではないにせよ、JALより多かったと思うんで…。あとは特典航空券の取りやすさですが、JALはANAに比べると結構優秀ですから、そうなってくるとJALのほうが候補になるのではと思います。ちなみにボクは今年もデルタ航空でハワイにいく予定です。SPGアメックスではなく、デルタアメックスゴールド決済でお盆や正月にチケット買えばかなりマイルは貯まるんで、2年に1回はデルタ航空のチケットを購入して2年に1回は特典航空券でハワイというのを繰り返してる感じです。ニッポン500マイルもありますし。ボクがハワイのためにマイル貯めるなら、JAL>デルタ>ハワイアン>ANA ですかねー。あ、関西在住なんで就航していないANAの評価はどちらにしてもかなり低めですー(^_^;) 

  10. Terry より:

    一応、スカイマイルは持ってますね。スカイチームのマイルを放り込むためにですが。あんまりお得感ないんだよなあ。フライングブルーよりは使いやすそうですが。確かにANAマイルのほうがnanacoとかで地味によく貯まるのは間違いない。JALマイラー化してるんでアレなんですがw

    • マスゴミマイラー より:

      Terryさん、コメントありがとうございます!スカイマイルは一応貯めるという方がやっぱり多いですよね!それでも貯めないよりは絶対いいですから(^_^;) JALマイル、ボクも今年は搭乗マイルで貯まってきましたが、なかなか陸マイラー活動では貯まりませんねー。モッピーからJALマイル、本格的に貯めようか迷います(^_^;)

  11. より:

    初めまして。全くマイラー初心者の者です。
    ANAJCBゴールドを1年、今年の1月からANAアメックスゴールドを使ってマイルをためています。ただ、たまにのフライトと買い物のカード決済でしか貯められていないので、頑張ってやってみようと思っています。
    基本休みがハイシーズンしか取れないため、特典航空券は熾烈な戦いです。
    来年のGW5/3~6にセブ島に行こうと思い、ここ2、3日電話でチャレンジしていたのですが、往路は空きがありましたが、復路がとれず断念しました。(フィリピン航空です。)
    ANAは特典航空券が取れないとは聞いていましたが、提携航空会社でも取れないものですね。。。知り合いがデルタマイルを貯めていると聞いていたものですから、デルタに乗り換えようかなと思って、いろいろ検索していたら、こちらのサイトにたどりつきました。デルタもレベル1とか6などあることも知りませんでしたし、必要マイル数もすごく多いことも初めて知りました。あの表を見たら貯める気もしなくなったり。
    かといって、ANAのマイルも全然使えないと何だかな・・・と思ってます。
    ハイシーズンで使うにはそれなりの色々な複雑な乗り方とか?あるのですね。
    まだまだ勉強不足のようです。

    ところで質問なのですが、デルタもホノルルの特典航空券を取ることは熾烈だと思いますが、デルタ航空でホノルル行きの航空券を買って、マイルを貯めて、貯まったマイルで、また次回航空券を購入することは可能なのでしょうか?もう最初から特典航空券狙いではなく購入です。それで足りない分はカード払いとかできますか?あまりにも初歩的な質問で申し訳ありません。ただこのように購入できたとしても特典航空券扱いになるのでしたっけ??素人なので、あまりにも変なことを書いていたら恥ずかしいのですが。。。申し訳ありません。まだまだレベルが低いなと思って下さい。
    あと、今年の1月アメックスのキャンペーンで、ANAゴールドカードを作ってしまったため、これからデルタアメックスゴールドを作ろうとは思っていますが、キャンペーン対象とはならないと思います。(大量のマイルは頂けないという意味です。)申し込みの時、その旨は明記した方がよいのでしょうか?それとも、アメックスの方で、それは
    勝手に申込者の名前などでわかるものなのでしょうか?キャンペーン対象にはならなくてもカードは作りたいと思っておりますのでそれはいいのですが、今日フリーダイヤルに電話をしたら平日のみの対応でしたので。。。もしおわかりになるようでしたら助言頂けたら助かります。長々と申し訳ございません。よろしくお願いいたします。

    • マスゴミマイラー より:

      翼さん、コメントありがとうございます!ANAの特典航空券、ほんとに熾烈な戦いが待ってますね…それでも提携は取りやすいはずなんですが…(^_^;)

      デルタ航空の航空券の購入のご質問、ちょっと意味がわかってないんですが、たとえばホノルル行きの必要マイル数が12万マイルだったとして、8万マイルをマイルで支払って、残り4万マイルは現金で…という意味でしょうか?もしそういうことなら、それは不可能です。マイルを使った特典航空券は、全額マイルでしか発券できません。ただ、考え方を変えれば2人分の航空券のうち、1枚はマイルで、1枚は購入ということはもちろん可能です。それなら半分の旅費で済みますね!

      あとデルタアメックスゴールドのキャンペーンですが、おそらく対象になりますよ。ANAアメックスゴールドとは別のカードですからキャンペーン対象のはずです。まあ間違いないと思いますが念のため明日お電話でご確認いただければ安心かと…。これから楽しいマイルライフをおくられることをお祈りしておりますーー\(^o^)/

  12. より:

    返信ありがとうございます!
    やはりマイルが足りない分は現金で・・というのは不可能なんですね。
    でも1枚はマイルで、1枚は購入にすればいいことですね。
    ありがとうございます。
    私もANAマイルを貯め始めたきっかけは特典航空券でハワイに行きたい!というのが理由です。ビジネスクラスとかあまり興味はないのですが、主人はビジネスで行きたいとよく言っております。いまだかつてビジネスに乗ったことがない私ですので、ビジネスの
    良さがわからないのだと思います(笑)

    デルタ航空は8月のお盆時期、ホノルルの特典航空券は取りやすいですか?本当にお盆しか長期の休みが取れないもので。。。消費マイルも高いですが、ANAよりも多少でも取りやすければいいな・・・と思っております。

    先ほど、電話をして確認しましたら、ネットからの申込だとキャンペーン対象外ですが、電話申込ならばキャンペーン対象になるとのことでした。のちほど主人に申込してもらいます!助言ありがとうございました。

    SPGアメックスもおいおい申し込もうと思ってます。またいろいろ聞いてしまうかもしれません。宜しくお願い致します。このたびはありがとうございました。

    • マスゴミマイラー より:

      マイルはビジネスクラスで使うのが一番コスパがいいですし、何より一度ビジネスクラスに乗ってしまうと、エコノミーには戻れないですよ、快適すぎて!笑

      あとデルタ航空の特典航空券ですけど、お盆でもとれます!ただ…必要マイル数はビジネスクラスなら30万マイル越えますけど(^_^;) なのでデルタ航空のマイルを必要分貯めるのはそれなりに大変なんですが、有効期限はないのでお互い気長にがんばりましょうーー!

  13. マムル より:

    スカイペソとも揶揄されるデルタのマイルを、そろそろ利用しなくては。と、検索していたところ行き当たりました。
    貯め始めたはいいが利用する段になり困惑する方が多くいらっしゃるのに少しびっくりしました。
    当方、ワールドパークス時代に何度も30000マイルで東南アジアに往復したクチです。
    また、10年以上前にトランスファーマイルで家族間で移行を繰り返し1マイル1円で購入したクチでもあります。
    最近では、ヨーロッパビジネス往復を16万マイルで発券しましたが、現状おトクかなと思えるのは、ヨーロッパ経由でアフリカ往復16万マイルかな、と思っています。
    特にフランス領のレ・ユニオン島などはおススメできます。
    TYO→CDG→ORY→RUNを全てエールフランスでいけます。昨夏、往路は確保できたのですが、復路は確保できず残念でした。

    • マスゴミマイラー より:

      マムルさん、コメントありがとうございます!

      ワールドパークス時代に貯めたマイルをそのときすぐに使っておけば、ボクもこんな目には会わなかったんですが…苦笑。確かにマイルの価値ということで考えればヨーロッパ、それ以上にアフリカはお得ですよね!ただ小さい子どもがいるとなかなか実現できず、ヨーロッパですら難しいので結局ハワイかアジアリゾートになってしまいます(^_^;) レ・ユニオン島!恥ずかしながら初めて聞いたので、さきほど早速調べちゃいましたよ…めちゃくちゃいいじゃないですか!!行きたい行きたい\(^o^)/ あーでも子どもが大きくなるまではボクは我慢我慢…その頃にはスカイペソのインフレはさらに進むんでしょうねー。笑

      ほんとに有益な情報ありがとうございます!もしよろしければ他にもデルタ航空でおすすめの穴場あったらまた教えてくださいねーー\(^o^)/

  14. デルター より:

    初めまして。
    お得路線の東京―韓国、42500マイル(エコノミー)に改悪されてませんか?!

    • マスゴミマイラー より:

      デルターさん、コメントありがとうございます!

      念のため確認しましたが、韓国路線はかわらずエコノミー片道7,500マイル、往復15,000マイルですね!ただし、ややこしいんですが42,500マイルと表記される場合もあって、それは東京ーソウル直行便ではなく、ソウルよりも遠い空港を経由するパターンの場合です。その場合のほとんどは上海浦東空港経由便が出てくるかと思います。直行便がないと、この経由便が一番便利な便として案内され、そのためには一度ソウルよりも遠い上海を経由するので、42,500マイルと表示されるんです。

      そこまで言及しておけばよかったのですが、とにかくデルタ航空の特典航空券はややこしく明記できていませんでした。またお気づきの点等ございましたら、コメントいただけれ嬉しいですー!

  15. 猫太郎 より:

    約2週間前に80000スカイマイルでヨーロッパ→日本の片道ビジネスクラスを発券した者ですが、今日見てみたら同じ区間のビジネスクラスは全部90000スカイマイルになってしまいましたよ。
    また知らぬ間に改悪したんですね。だからスカイペソって言われるんですね。

    • マスゴミマイラー より:

      猫太郎さん、コメントありがとうございます!おっしゃる通りです!カスタマーセンターに確認しましたが、90,000マイルに改悪です…スカイペソ名物です\(^o^)/苦笑。 もうこればっかりはデルタ航空スカイマイラーの宿命ですね…(^_^;) おかげさまでブログ記事の更新もさせていただき、内容訂正させていただきました。本当にありがとうございます。これからも気になる情報や記載ミス等ありましたらぜひおっしゃっていただけると嬉しいです。改悪は嬉しくないのですが…(^_^;) 今後ともどうぞよろしくお願いしますね!

  16. リゾートダイバー より:

    初めまして!

    NWから引き続きデルタスカイマイルをメインに貯めてきましたが、私がよく利用していたミクロネシアやアジア路線の運休が相次ぎ、マイルが貯まりにくい規則に改悪された上、特典航空券の必要マイル数もどんどん改悪され、デルタスカイマイルAMEX GOLDカードも毎年150万円以上決済しないとゴールドメダリオンが維持出来なくなってしまいました(><)

    その中でも比較的良心的だったチャイナエアラインズの成田=台北=パラオもつい先日まではエコノミー35,000マイル、ビジネス60,000マイルでしたが、今日調べたらエコノミー45,000マイル、ビジネス90,000マイルに改悪されていました!!

    事前告知無く次から次へと改悪してお客をどう思っているのでしょうかね~?

    • マスゴミマイラー より:

      リゾートダイバーさん、コメントありがとうございます!本当にデルタ航空界隈は、改悪のペースが早くてビックリしますよね(^_^;) それでもボクはデルタ航空が大好きなんで、ほんとにデルタ航空には頑張ってほしいんですが(T_T) 改悪情報もありがとうございます。カスタマーセンターに確認した結果、やはり改悪されていました(ビジネスクラスのみのようです…)。情報いただきまして本当にありがとうございます。。せめて事前に告知…いや当日でもいいので告知してほしいですよね。スカイマイルは早く使うにつきます!

      このたびは情報本当にありがとうございました!今後もよろしくお願いいたします!

  17. はじ丸 より:

    はじめまして。
    自分もツイッターはじめ、マイレージやSFCやJGCの研究個人的にしています。
    スカイマイルの特典航空券必要マイル数、またついこないだ改悪されましたよ。
    アジア路線で片道あたりビジ、エコとも5000マイルほど増えた感じです。
    スカイマイルでもデルタHPでもいまだにニュースリリースには上がってないんですが。
    全世界分調べてはないですが、ツイッターではヨーロッパ方面も増加な模様。
    おそらく3/15あたりからマイル数変更になったようです。

    • マスゴミマイラー より:

      はじ丸さん、コメントありがとうございます!はじ丸さんがおっしゃるとおり、必要マイル数が増えたようです…ほんとに残念です…。これを最後にしばらくはマイルの据え置きをお願いしたいですが、デルタ航空ですからそうはいかないんでしょうね…(^_^;) また情報ございましたら教えていただけると嬉しいです。このたびは本当にありがとうございました!助かりましたー!

  18. 松村行雄 より:

    「アメリカン・エキスプレスのカードを既にお持ちの方は、入会特典から除外」とありますが、「無条件で直ちにゴールドメダリオンの資格取得」もなくなるのでしょうか?

    • マスゴミマイラー より:

      松村行雄さん、コメントありがとうございます!まずゴールドメダリオンの資格ですが、問題なく手に入りますよ。ゴールドメダリオンは入会特典ではなく、デルタアメックスゴールドに付随する資格ですから!

      で、実はこのあたりはちょっとナーバスな話題ではあるのですが(苦笑)…実はすでにアメックスのカードを持っていても入会特典から除外されることも今のところありません。もちろんこのあたりは自己責任でお願いしたいのですが、結果だけ言うとそうなってますね。詳細は紹介キャンペーンに申し込んでいただければ、個別にご説明さしあげます。ご参考までに…どうぞよろしくお願いいたします!

  19. すず王 より:

    はじめまして
    私もマスゴミライターさんと同じくデルタメインで貯めてきました。KLMでワールドパークスマイルを貯めていた関係で、10年ほど前でしょうか?デルタのマイレージに移管されましたよね。私に選択支は無く、スカイマイルを継続して貯めてきました。
    しかしながら、今年初めてデルタ航空を利用し、色々な意味で愕然としていました。私の人生のなかで、ここまで個性的な航空会社に出会うことはそれほどありますまい。その会社が、私がコツコツとマイレージを貯めていた航空会社だったとは!それに加えマスゴミライターさんの記事も大変参考になりました。私は欧州方面で特典旅行発券したいと考えています。改悪は続くのかも知れませんが、まだ少しだけ救いがあることがわかりました。ANA陸マイラーも検討していきたいです。

    • マスゴミマイラー より:

      すず王さん、コメントありがとうございます!そうですそうです!ワールドパークス懐かしい\(^o^)/笑

      でもその頃から貯め始めて今年初めてデルタ航空を利用したというのもすごいですね。正直、デルタ航空スカイマイルは10年前と比べるととんでもないインフレを起こしていますからね…そりゃショックですよね…(^_^;)

      でも今そこに気付けたことがよかったじゃないですかー。これからマイルライフを改善していけばOK!まったく問題ないです!ぜひこれからは、デルタ航空スカイマイル以上にANAマイルを貯めてみてくださいね。

      また、デルタ航空スカイマイルも捨てたもんじゃなくて、強烈なインフレは起こしているものの、ANAと比べるとどんな時期でもマイルさえ出せば特典航空券は圧倒的に取りやすいです。特におっしゃる通り欧州方面はまだまだおすすめですので、ぜひ活用してみてください!ただ陸マイラーを使ったANAマイルの貯まり方は尋常じゃないですから、ぜひ陸マイラー活動もお忘れなく!今後ともどうぞよろしくお願いいたしますー。

  20. サワモトユキコ より:

    こんにちは。
    デルタスカイマイルズについてのこちらの記事を読み、胸が空く思いでした。
    私達家族も20年程デルタのマイルをコツコツ貯めて、今まで3回程ヨーロッパまでビジネスクラスの特典航空券で旅行し、有効期限のないデルタスカイマイルズ様々でした。
    所が今年北米へマイルを使ってビジネスで行こうと思ったところ、必要マイル数が驚愕の460000マイルと告げられ、倒れそうになりました。それでエコノミーを買ってアップグレードを50000マイルでしようと思ったら、なんと140000マイル必要、50000マイルで出来たのは2015年までですと、告げられました。今回はオーランドまでと長距離路線だったので仕方なく14万マイル支払いましたが、あとちょっと足せばヨーロッパまでビジネスで行けるのに!と、納得いかない思いで一杯になり、遂にANAに乗り換えら決心をして、ANA VISAワイドゴールドの申し込みをしたのが昨日の事です。
    で、こちらの記事を見つけて読ませていただいて、やっぱり私と同じ方がいらっしゃったと、我が意を得たりという気持ちになったのです。
    デルタとは今持っているマイルが無くなった時点でサヨナラしようかとも思っていましたが、詳しくヨーロッパやオセアニア路線での必要マイル数を教えていただいたので、サブとして貯めていこうと思います。
    本当に参考になりました。どうもありがとうございました。

    • マスゴミマイラー より:

      サワモトユキコさん、コメントありがとうございます!以前の感覚でスカイマイルで特典航空券を発行しようとすると、ほんとにびっくりしますよね…。同士の方がいてボクも嬉しいです。笑

      スカイマイルの特典航空券はおっしゃるとおり、ヨーロッパ往復が圧倒的にオススメだと思います。北米は陸マイラー活動をしてANAのマイルでまかなって、ヨーロッパはスカイマイルを使ってエールフランス&KLMオランダ航空でぜひ!今後ともどうぞよろしくお願いいたしますー。

  21. プ女子 より:

    こんにちは、はじめまして!
    私はデルタのアメックスではないのですが、旧デルタシティバンク(現三井トラスト)カードで10年以上マイルを貯め現在20万マイル超あります。
    私は旅行が趣味という訳ではなく、別の趣味のために年1回アメリカへ行ってます。毎年4月頭頃にとあるスポーツ観戦するためです。
    今回、来年のタンパ行きが決まり初めてマイルでチケットを発券しようと思っています。
    初めての事なのでネットから申し込もうか、電話の方がいいだろうか…と迷っています。
    彼氏と2人で行くのですが、彼氏もクレカは持ってませんがデルタのマイルだけ7万マイルほどあります。
    二人のマイルで往復の発券を考えています。なので電話で対応してもらった方が良いでしょうか。アドバイスいただけたら助かります。
    よろしくお願いします。

    • マスゴミマイラー より:

      プ女子さん、コメントありがとうございます!

      そうですね!デルタ航空に電話して発券の相談をされるのがいいと思います。日系のカスタマーサービスと違って、ぶっきらぼうで愛想はないかもしれませんが、相談には確実に乗ってくれますからね!たしか手数料も無料になったと思います。ぜひ相談してみてくださいね。楽しい空の旅になることをお祈りしておりますー。

      • プ女子 より:

        早速のアドバイスありがとうございます!
        思い切ってデルタに連絡してみます(ドキドキ)
        でも愛想がないんですね(ノ_<)
        挫けずチャレンジします!!
        また結果をこちらでご報告させていただきます(^-^)v

        • マスゴミマイラー より:

          プ女子さん、ぜひぜひ!またよろしければ結果お待ちしていますね。どうぞよろしくお願いいたします!

          • プ女子 より:

            結果報告です!!
            無事特典航空券予約できました!!!
            オペレーターさんの対応も凄く親切、丁寧でよかったです。希望する日程の帰国便が大阪までのフライトが無く、東京着で案内してもらいました。
            電話するまで上手く対応してもらえるか不安でしたが、終わってみれば楽勝!でした。もっと早くすればよかったと。。。
            座席もマイルに余裕があったのでコンフォートにアップグレードしました。
            アドバイスありがとうございました(^^)

          • マスゴミマイラー より:

            プ女子さん、わざわざ結果報告ありがとうございます!それはよかった\(^o^)/ コンフォートプラスへのアップグレードも素晴らしいですね!これからぜひうまく活用してみてくださいねー。今後ともどうぞよろしくお願いいたしますー。

  22. 桜子 より:

    初めまして!常々デルタの値段設定とマイル必要数に不満を持っていてこちらのブログにたどり着きました。ハブであるアトランタ在住で日本に帰るときはデルタ一択です。
    長いことアトランタ~成田の特典航空券はレベル1で片道35000マイルでしたが、なんと今回往復で58000マイルというのが出ていましてさっそく予約しました!片道ずつ予約しようとすると往路30000マイル復路52000マイルと出るのに往復だと58000マイル・・・・まったく意味がわかりません(笑)
    CASHで購入の場合、片道75000円プレミアムセレクト92000円と安めの日程でしたが、往復58000マイルは本当にビックリしました。デルタってたま~にセールで大盤振る舞いするんですよね。でもセールの時期を教えてくれないし、改悪も内緒でシラ~とやる会社なので苦い思いばかりしております。とりあえず報告まで。

    • マスゴミマイラー より:

      桜子さん、コメントありがとうございます!ラッキーな特典航空券うらやましいです!\(^o^)/ そして情報ありがとうございます!デルタ航空は北米路線のセールを行なってるみたいなんで、格安マイル数の特典航空券も出るみたいですね!ちょっと改めて、必要マイル数も調べてみます!ただややこしすぎて心折れそうですが…(^_^;) 今後ともどうぞよろしくお願いいたしますー!

  23. ken より:

    こんにちは。

    おすすめ路線の一つとして、「日本ーパラオ(エコノミー往復30,000マイル)」を出されていますが、その一方で「【ゾーン3】 東南アジア(シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、インドネシア、パラオ他」で、ゾーン3の最低必要マイルは22,500マイル(片道)となっており、一貫性がありません。

    パラオがエコ往復30000マイルというのは、デルタが成田-パラオ直行便を運航していた2018/5までの話かと。
    現在はチャイナエアラインでのルートが表示されますが、最低必要マイルはエコ往復45000マイルのように見受けられます。

    リライトするタイミングで気づかれるかと思って見守ってましたが、放置されているようですので、あえて指摘させて頂きます。

    • マスゴミマイラー より:

      kenさん、コメントありがとうございます!そしてご指摘助かります!誤植訂正させていただきました!いつも見守っていただきすいません(^_^;) 他にも訂正&誤植あるかもしれません…その際はぜひ(^_^;) 本当にありがとうございましたm(_ _)m