【朗報】2018年12月 デルタ航空特典航空券がJALよりお得に!? 必要マイル数改悪でハワイ旅行はJALよりデルタ!

おはようございます。マスゴミマイラーです。

2018年12月4日に、ついにJALの特典航空券の新制度がスタートしました!その名も「JAL国際線特典航空券plus」、略して「JAL plus」。これによって、JALの国際線特典航空券は予約がしやすくなったものの、必要マイル数が大きく増える結果となりました。

そしてその結果…なんとJALよりもデルタ航空の必要特典マイル数が少なくなるという、奇跡の大逆転現象が起こっているのです!デルタ航空のスカイマイルといえば、とにかく貯まりやすいかわりに、マイルの価値が改悪されてどんどん下がっていくことで有名。ちまたでは、あまりに酷いインフレのせいで「スカイペソ」などと揶揄されていた時期もありました。え、今もですか?(^_^;)

ですが、もう金輪際「スカイペソ」とは言わせません!ついにデルタ航空スカイマイルに光が当たる日がやってきたんです!結論から言いましょう。なんと…

2019年のお盆など繁忙期なら、ハワイ行きはデルタ航空の方がJALのマイルよりお得になっています!JALよりデルタ航空のほうが必要マイル数が少ない日が多数あるんです!!\(^o^)/ 奇跡!奇跡です!!(T_T)

スポンサーリンク


目次

簡単解説!新制度「JAL国際線特典航空券plus」とは?

では、まずはJALの新制度「JAL国際線特典航空券plus」を簡単にご紹介します。一言で言いますと…「JALの特典特典の必要マイル数は、その混雑状況によって増減することになった」ということです!

この新制度を導入した背景には、せっかくマイルを貯めていても人気路線の特典航空券がまったく予約できなかったという由々しき事態があったからですね。特に人気のハワイ・ホノルル路線は常に満席状態。せっかくマイルを貯めても使えないという現象が起こっていたわけです。

これを解決しようとした結果、「JAL国際線特典航空券plus」が導入されました。つまりこれからは、マイルをたくさん出せば繁忙期でも特典航空券が取れるようになる…はず。マイルさえあれば、夏休みでも特典航空券が取れるようになるという意味では改善ということになります。

そしてこの「必要マイル数の増減制度」。実は以前から取り入れている航空会社があります。そう、我らがデルタ航空ですね!ちなみにデルタ航空の必要マイル数の増減は、とんでもない幅を持っています。しかもその情報が公式ホームページには載っていません。なのでボクがまとめました。「驚愕!デルタ航空スカイマイルの特典航空券必要マイル一覧表」「デルタ航空スカイマイル ハワイ・ホノルル行きの特典航空券必要マイル数が改悪!ただし回避法も発見!?」の記事をごらんください。その必要マイル数は正直驚きしかないです\(^o^)/笑

デルタ航空スカイマイルをメインで貯めている方は必見!公式サイトにも載っていない「デルタ航空マイルの特典航空券必要マイル一覧表」を掲載。デルタ航空のオススメ路線、必要マイル数、予約方法、いかにデルタ航空のマイレージプログラムが鬼畜かを紹介、解説。国内線スカイマークの発券方法も解説。

まさかのデルタ航空の特典航空券がいつの間にか改悪になりました。もはや恒例行事ではありますが、ただ今回の改悪は非常にややこしい!ハワイ・ホノルル行きの路線のみが改悪です。ただし意外な方法で改悪を回避できることも発覚!改悪のすべてを徹底解説、改悪回避方法をご紹介します。

そんなデルタ航空と同じ「必要マイル数の増減制度」、ついにJALも導入することになりました。問題はその「必要マイル数の増減幅」ですよね…。

通りすがり
まさかJALに限って、デルタ航空ほど必要マイル数増やさないでしょ!?まあせいぜい今までの2倍くらいじゃないの!?

正直、ボクもそう考えていたのですが…その予想はあっさり裏切られることになりました!JALの必要マイル数も、デルタ航空に負けず劣らずものすごい事になっているんです\(^o^)/

ちなみにANAはまだこの必要マイル数変動性は導入していません。ですが正直、ANAはJAL以上に特典航空券がとれないですからね…。ANAにこそこの制度が必要だと個人的には思います(^_^;) ANAもそう遠くない将来「必要マイル数の増減制度」を導入するかもしれないです…要注意です!

スポンサーリンク

【JAL vs デルタ航空】ハワイ・ホノルル行きの特典航空券を徹底比較!まずは「最小値と最大値」編

ということで、特典航空券の最激戦区といえば「ハワイ・ホノルル路線」!そしてボクが関西在住ということで、JAL&デルタ航空のそれぞれの「関空ーホノルル」特典航空券必要マイル数の最小値と最大値を比べてみましょう!さきほども書きましたが、JALの必要マイル数…やばいです(^_^;)

【エコノミークラス】JAL vs デルタ航空 ハワイ・ホノルル行き特典航空券必要マイル数

まずはエコノミークラスを比較してみると…こんな感じに!正直驚きの結果です\(^o^)/

エコノミークラス

JAL ホノルル往復:40,000〜214,000マイル
デルタ航空 ホノルル往復:54,000〜192,000マイル

なんと、JALのホノルル行きエコノミークラス…あのデルタ航空の必要マイル数を超える、最大214,000マイルというとんでもない設定がなされているんですーー\(^o^)/ コレにはほんとにびっくりしました…。あの”スカイペソ”デルタ航空を超える必要マイル数を設定してきたんです。

【ビジネスクラス】JAL vs デルタ航空 ハワイ・ホノルル行き特典航空券必要マイル数

続いてビジネスクラスも見てみましょう!こちらも驚きの結果です…

ビジネスクラス

JAL ホノルル往復:80,000〜434,000マイル
デルタ航空 ホノルル往復:120,000〜460,000マイル

ビジネスクラスではかろうじてJALの方がデルタ航空よりも必要マイル数は少ないものの、まさかの40万マイル超え!ハワイ・ホノルル路線のJAL特典航空券ビジネスクラスは、今まで往復80,000マイルだったんですよ。それがなんと最大で往復434,000マイル必要に\(^o^)/ 実に4.5倍以上!\(^o^)/

しかもですね、大前提として、JALマイルよりデルタ航空のマイルの方が随分と貯めやすいという現実があるんです。デルタ航空のスカイマイルは有効期限がない上に、デルタアメックスゴールドの発行をうまく利用すれば、いきなり10万マイル以上をGETできるんです。詳細は「7年使って分かった!おすすめデルタアメックスゴールドカードの魅力&メリットを徹底解説! 」に書きましたが、さらにニッポン500マイルキャンペーンを組み合わせるなどすれば、年間2万マイルも追加可能。とにかくJALと比べるとデルタ航空のスカイマイルは貯めやすい!

デルタ航空に乗る方は全員デルタアメックスゴールドを作らないと損しちゃいます!お得でメリットいっぱいのデルタアメックスゴールドカードの魅力を徹底解説!SFC修行をする方にとっても魅力満載。必見です!

でもそのかわり、以前はデルタ航空の必要マイル数はJALと比べると劇的に多いので、どちらを貯めるのがいいかは迷いどころだったんですよね。それなのに、JALの必要マイル数がデルタ航空と同等になってしまうと、もう圧倒的にデルタ航空のマイルを貯める方がおすすめになります。果たしてそんなことがありえるのか…うーん。

スポンサーリンク

【JAL vs デルタ航空】ハワイ・ホノルル行きの特典航空券を具体的に比較!「2019年お盆」編

理論値上の比較は分かりました。ですが、一番重要なことは実際にハワイ・ホノルル行きの特典航空券の必要マイル数がどうなっているのかどうか。JALがエコノミークラスで20万マイル、ビジネスクラスで40万マイルのような航空券を本当に出しているかと言われると、正直疑問は残りますらね。

通りすがり
さすがにJALは、ちょっと前までわずかビジネスクラスで80,000マイルでハワイに行けたんだから、いきなり300,000マイルとか400,000マイルなんて数字は実際には出てないんじゃないかなー

ボクもそう思ってました!ですが…現実は恐ろしいほどに残酷な結果になっていましたー(T_T)

2019年お盆エコノミークラス】JAL vs デルタ航空 ハワイ・ホノルル行き特典航空券必要マイル数

ということで、実際に来年2019年のお盆の特典航空券を検索してみます。さきほども言いましたが、ボクは関西在住ですので、拠点は関空。2019年、カレンダーの関係でおそらく最も特典航空券がとりにくいのが…

往路:8月9日(金) 関空発ーホノルル行き
復路:8月17日(土) ホノルル発ー関空行き

という往復便になりそうなので、このスケジュールでJALとデルタ航空、それぞれの特典航空券を調べてみました。まずは結論から言いましょう!

2019年8月9日関空ーホノルル8月17日

JAL エコノミークラス:157,500マイル +26,920円
デルタ航空 エコノミークラス:192,000マイル + 5,590円

という結果になりました!コレは正直互角の結果といえると思います。必要マイル数は35,000マイルほどJALの方が少ないですが、諸費用はJALの方が2万円以上も高い結果です。デルタ航空とJALの必要マイル数が互角…恐ろしい時代になりました!笑

JAL エコノミークラス:157,500マイル +26,920円

デルタ航空 エコノミークラス:192,000マイル + 5,590円

この結果ならボクならデルタ航空を選ぶかもしれません。現金の手出しが少ないのが何より魅力的です。4人家族なら、JALだと特典航空券なのに10万円を超える出費に!え、特典航空券なのに10万円!?…となります。それは痛い!

ただしJALのハワイ・ホノルル路線のエコノミークラスは、世界最高の広さを誇ってますから…うーんやっぱり悩みますねー(^_^;) まあそれくらい互角ということです。そして必要マイル数が互角ということは…貯めやすいデルタ航空スカイマイルを貯めるべきなんですよねー。

ハワイに行くならどの航空会社がオススメ?LCCのスクートが2017年12月19日にハワイ路線に参入し、ますます熾烈な争いが繰り広げられる中、一番快適な座席はどの航空会社なのか?デルタ航空は大丈夫!?ビジネスクラス、エコノミークラス、すべてを徹底比較&解説!完全保存版です!

2019年お盆を少しずらしたエコノミークラス】JAL vs デルタ航空 ハワイ・ホノルル行き特典航空券必要マイル数

じゃあ今度は、お盆最盛期ではなく、ほんのすこしだけ日程をずらしてみるとどうでしょう?通常、お盆や正月などの特典航空券は、出発日をわずか3日〜5日もずらせば、一気に必要マイル数が減少します。

ということで、5日後ろにずらした8月14日関空出発ホノルル行きで再びJALとデルタ航空を比較してみましょう!するとさらなる驚きの結果が!!\(^o^)/

2019年8月14日関空ーホノルル8月22日

JAL エコノミークラス:89,500マイル +26,920円
デルタ航空 エコノミークラス:54,000マイル + 5,590円

JAL エコノミークラス:89,500マイル +26,920円

デルタ航空 エコノミークラス:54,000マイル + 5,590円

なんとJALよりもデルタ航空が絶対的にお得になりました!必要マイル数、諸費用ともに圧倒的にJALよりもデルタ航空が少なくなるという驚きの結果です!誰がこんなことになると予想できたでしょう。スカイペソのデルタ航空がJALよりお得なんですよ!?コレは奇跡です、奇跡!デルタ航空の前身、ノースウエスト航空時代から10年以上もスカイマイルを貯めてきたボクにとっては、本当に感動の瞬間でした…(T_T)

マスゴミマイラー
しかもデルタ航空のカレンダーを見てください!わずか54,000マイルでハワイ・ホノルル往復できる日がたくさん残ってます!明らかにJALよりデルタ航空が使いやすい…そんな日が来るなんて(T_T)

そして、コレは夢じゃない!ということを実感できるのがビジネスクラスの必要マイル数!こちらもすごかった\(^o^)/

2019年お盆ビジネスクラス】JAL vs デルタ航空 ハワイ・ホノルル行き特典航空券必要マイル数

ということでビジネスクラスの必要マイル数もJALとデルタ航空で比べてみましょう!まずは、お盆ど真ん中!2019年8月9日出発の関空発ホノルル行きはというと…

2019年8月9日関空ーホノルル8月17日

JAL ビジネスクラス:367,000マイル +26,920円
デルタ航空 ビジネスクラス:460,000マイル + 5,590円

JAL ビジネスクラス:367,000マイル +26,920円

デルタ航空 ビジネスクラス:460,000マイル + 5,590円

えーと…JALマイラーの方、あまりの必要マイル数に驚いておられることでしょう。デルタマイラーの皆さん、平常運転ですね\(^o^)/笑

どちらもすごいマイル数ですが、この日はJALの方が必要マイル数はデルタ航空よりおよそ10万マイルも少なくて済みます!ですが、これまでJALなら8万マイルでいけたハワイ・ホノルル路線が、なんと必要マイル4倍以上の36万マイル超え…。特にお盆や正月にしか海外旅行に行けない出張族JALマイラーの皆さんは、むせび泣いていることでしょう(T_T)

何度も言いますが、JALのマイルはデルタ航空やANAに比べると貯まりにくいんです。マイルの有効期限が無期限のデルタ航空スカイマイルならまだしも、基本的には3年で失効してしまうJALのマイルで、普通は36万マイルを貯めるのは至難の業です。これは出張族にとっては大改悪ですね…。

しかも、実はこの365,000マイル必要なJALの特典航空券、大きな落とし穴がありまして…

マスゴミマイラー
なんとよく見たら、行きも帰りも羽田空港経由!直行便じゃないんかーい!

なんとJALのビジネスクラスはすでに「関空ーホノルル」直行便は満席。ちなみに翌日8/10出発にいたっては、羽田経由含めてすべての便がすでに空席なしという結果に。ハワイに行くのに経由便でこのマイル数は正直出す気にならないですね…。もちろんデルタ航空は直行便ですし、フルフラットになるシートもJALと比べて全く悪くないですから!

2019年お盆を少しずらしたビジネスクラス】JAL vs デルタ航空 ハワイ・ホノルル行き特典航空券必要マイル数

続いて出発日を5日後ろにずらした8月14日関空出発ホノルル行きで再びJALとデルタ航空を比較してみます!エコノミークラスでは、デルタ航空の方が必要マイル数・諸経費ともに少なくて済むという驚きの結果になりましたが、ビジネスクラスでは果たして!?\(^o^)/

2019年8月14日関空ーホノルル8月22日

JAL ビジネスクラス:194,000マイル +26,900円
デルタ航空 ビジネスクラス:148,000マイル + 5,590円

JAL ビジネスクラス:194,000マイル +26,900円

デルタ航空 ビジネスクラス:148,000マイル + 5,590円

なんと!\(^o^)/ やはりここでもデルタ航空が完全勝利!必要マイル数はJALより5万マイル近く少ない上に、諸経費も2万円以上安い!!もうほんとに信じられません\(^o^)/ コレはデルタ航空のまさかの大復活と言っていいでしょうーー\(^o^)/

マスゴミマイラー
しかもデルタ航空の特典カレンダーを見れば分かると思いますが、実はさらに繁忙期の8月13日はやばいです! デルタ航空は変わらず必要マイル数148,000マイルですが、JALはなんと254,000マイルに!その差は1人10万マイル超えです!

スポンサーリンク


【JAL vs デルタ航空】ハワイ・ホノルル行きの特典航空券を具体的に比較!「2019年ゴールデンウィーク」編

お盆の時期は明らかにデルタ航空の方がJALよりも必要マイル数が少ないということがコレで分かりました。もうこうなったらとことん調べましょう!もうひとつの繁忙期といえば「ゴールデンウィーク」!しかも2019年はまさかの10連休ということで、過去にない大型連休となります。

そんなゴールデンウィークの関空発ハワイ・ホノルル行きビジネスクラスの結果もさくっとご紹介!これまたまさかの結果になりました(^_^;)

2019年4月24日〜5月7日関空発ーホノルル行き

JAL ビジネスクラス:2週間 空席1日もなし
デルタ航空 ビジネスクラス:204,000〜460,000マイル + 5,590円

JAL ビジネスクラス:2週間 空席1日もなし

デルタ航空 ビジネスクラス:204,000〜460,000マイル + 5,590円

ということで、比較するまでもありませんでした…(^_^;) JALは4月24日出発〜5月7日出発まで1日も特典航空券の空きはなし。デルタ航空は20万マイルほどでいける日もありますから、まだ希望はあります。こちらもデルタ航空の完全勝利ということでいいでしょう!

それにしても、半年前の段階で空席なしの日なんてほとんど出ないデルタ航空でも、2019年のゴールデンウィークは満席続き…来年のGWは強力ですね!

スポンサーリンク

まとめ 今なら言える!貯めるべきマイルは「デルタ航空≧ANAマイル>>>>>JAL」

ということで、みなさん。JALのマイルは「自由に長期休暇の時期を決められるマイラー」の方を除くと、かなり使いにくい代物になりました。コツコツ貯めるならJALはおすすめしません。それなら絶対にデルタ航空スカイマイルをおすすめします!ボクの見解をまとめるとするならば

繁忙期にハワイに行きたい → デルタ航空のマイルを貯めよう
閑散期にハワイに行きたい → ANAのマイルを貯めよう

コレで決まりですね!そしてデルタ航空のマイルとANAのマイルは同時に貯められます!しかもそれぞれ年間20万マイルも夢じゃないんです!

デルタ航空スカイマイルは「デルタアメックスゴールドカード」使って貯めよう

まず、デルタ航空のマイルの貯め方ですが、一番大きいのは「搭乗マイル」です。そしてその搭乗マイルを簡単に増やす方法がデルタ航空にはあるんです!それが「デルタアメックスゴールドカード」を発行すること!正直発行しないほうが大損するという、すごいクレジットカードになっています!

 【デルタアメックスゴールドカードのメリット実体験】

  1. 年会費税別26,000円を越える、30,000円以上の国内旅行クーポンを必ずゲットできる
  2. これからデルタ航空に乗るなら、いきなり最大でハワイ往復エコノミークラスのチケット分のマイルがもらえる
  3. あこがれの航空会社上級会員「ゴールドメダリオン」にいきなりなれる!空港で待たずに優先搭乗!飛行機に預ける荷物の量も倍増!
  4. さらにビジネスクラスラウンジに無料で入り放題!しかもエールフランスやKLMオランダ航空、大韓航空などでもOK!
  5. 42,000円〜78,000円もする、プレミアムエコノミークラスに無料で2人分アップグレードも可能に!

詳細は「7年使って分かった!デルタアメックスゴールドカードの魅力・メリットを徹底解説!」「【改悪の影響なし!?】デルタアメックスゴールドは1年お試しで発行しよう!チャンスは2018年6月25日まで」にまとめてあります。まだ読まれていない方はぜひご一読をーー! デルタ航空に搭乗予定の方は、すでにチケットを購入してしまったという方も含めて、発行しないと大損ですよー\(^o^)/

デルタ航空に乗る方は全員デルタアメックスゴールドを作らないと損しちゃいます!お得でメリットいっぱいのデルタアメックスゴールドカードの魅力を徹底解説!SFC修行をする方にとっても魅力満載。必見です!

2018年6月26日からデルタアメックスゴールドが改悪!? いや実は新規でデルタアメックスゴールドを作る予定なら、改悪の影響は基本的に受けません!むしろ今がデルタアメックスゴールドをお得に発行できるラストチャンス?その理由を徹底解説!

ANAマイルは「陸マイラー活動」で貯めよう

そしてANAマイルは、なんと飛行機に乗らなくてもめちゃくちゃ貯まります!クレジットカードで多額の決済をしなくても貯まります!そんなことをしなくても、実は誰でも簡単にANAマイルを年間21万6000マイルも貯められる方法があるんです\(^o^)/

2年以上しっかり陸マイラー活動をしているボクのANA保有マイルを見てみてください。

2018年12月現在でボクのANAの保有マイルは45万マイルを越えています!しかも去年は家族3人特典航空券を使ってビジネスクラスでシンガポールに行ったので、そのときに12万マイルを消費しています。他にもちょこちょこ使ってるんで、この2年で60万マイルは貯めた計算になります。自分でも正直ビックリです(^_^;)

ANAのハワイ往復ビジネスクラスは65,000マイルが必要ですので、なんと7往復も無料でいけちゃいますーー\(^o^)/ しかも今年は一度もANAの飛行機に乗っていません!プレミアムポイントの欄が「0」のままなのがその証拠です。クレジットカード決済でもマイルは貯めてません!

みなさんもボクと同じくらいマイルを貯めることができます!それがいま大ブーム中の陸マイラー活動なんです!誰でも年間20万マイル以上を貯めることができちゃいます!これを実践すれば、毎月ANAのマイルが18,000マイル確実に貯まるんです!

【1か月のうち4日間だけ実践!】

  • 1日目
    クレジットカードを発行して…10,000マイル以上獲得!
  • 2日目
    マッサージを受けて…3,600マイル以上獲得!
  • 3日目
    外食を食べて感想を送って…3,000マイル以上獲得!
  • 4日目
    外食を食べて感想を送って…3,000マイル以上獲得

合計 ANA 18,000マイル 獲得!

にわかに信じがたいですよね? 一体どういうことのか? 詳細は「【2018年4月1日〜最新版】 デルタを捨ててANAを貯めよう。初心者におすすめ!日本一簡単な陸マイラー入門 」に書かせていただきました!

これで誰でも簡単に年間ANAマイルが20万マイル以上貯まる!2018年4月以降の最新版、ANAマイルを貯める陸マイラー方法をご紹介。しかもややこしいことはとにかく省いた、日本一簡単な陸マイラー入門です。初心者にもわかりやすくオススメです!

今とにかく話題の陸マイラー活動。毎年誰でもANAマイルが216,000マイル貯まるということで、どんどん人気が広がっています。ただ全くの初心者には少しややこしいのも事実。一度「陸マイラー活動」を読んでも理解できなかった…そんな方のためのお試し陸マイラー方法をご紹介します!

これが現代のマイルの貯め方、超初心者向け陸マイラー活動の実態です。ぜひ騙されたと思って上の記事を読んでみてください。早い人ならものの5分ほどで読み終わります。5分で人生変わるんです!事実、ボクはこの1年の間に、韓国、シンガポール、ハワイにビジネスクラスで行ったんです。まぎれもない事実なんです。

関空発ホノルル行き、デルタ航空ビジネスクラスに子連れで搭乗した記録です。関西空港の飛鳥ラウンジの感想、機内食、そして何より子連れに対して厳しい対応をされた悲しい記録を載せてます。やっぱりデルタよりANAですね…特に子連れは。サービス面の差が歴然です。

2017年の年末年始にANAの特典航空券でシンガポールへ!その旅行記の第1弾。アシアナ航空ビジネスクラスの搭乗記。1歳半の子連れにとってアシアナ航空のビジネスクラスは使いやすい?子連れの予約方法やベビーミール・キッズミールの指定方法までをしっかり解説!

1歳半の子どもを連れて、シンガポール航空A330-300のビジネスクラスを堪能した搭乗記です。ラウンジは?座席の快適度は?機内食は?そしてまさかの子連れハプニングが発生!その感激の結末とは?関空・中部(セントレア)・福岡空港発着の便と同じ機材なのでぜひ参考に!

さあ皆さん、これからはデルタ航空とANAのマイルを貯めましょう!両方貯めておけば、繁忙期と閑散期でそれぞれの航空会社を使い分けることで、毎年マイルでハワイに行けることが確実です!ハワイ好きなら間違いなし!デルタ航空とANA、今日から今すぐマイルを貯めていくべきですよー\(^o^)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする